ワールドカップ2018の注目選手を厳選して20名一挙紹介!!

スポンサーリンク



トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
ロシアワールドカップ2018に出場する注目選手を徹底調査してピックアップしてみました。
 
例えば、ネイマール選手、メッシ選手、クリスチアーノ・ロナウド選手といった超有名プレイヤーはサッカーファンじゃない人でも知っていると思いますが、各国にはもっと色々なスーパースターがいますからね。
 
何しろサッカーワールドカップは4年に一度なので、今回のロシアワールドカップを機会に知る選手も多くなってくると思うのでぜひ参考にしてもらえればと思います。
 
それでは早速レビューします!!
 
 
 

メッシ(アルゼンチン代表)

 
メッシ選手は世界最高となる手取り年俸がなんと56億円で契約を更新しました。
 
いうまでもなく、アルゼンチンを代表するスーパーエースですからね。
 
しかも、ワールドカップ出場が絶望的だった最終予選でハットトリックを取ってより一層英雄となりました。
 
ロシアワールドカップ本戦でもアルゼンチン代表の英雄となってくれるのでしょうか。
 
そして、前回のブラジルワールドカップに引き続き、MVP取得がかなり期待されてますね。
 
 
 

ハリー・ケイン(イングランド代表)

 
ハリー・ケイン選手はプレミアリーグでは得点を量産しているイングランド代表のエースストライカーです。
 
あのルーニー選手を追いこす勢いで、すっかりイングランド代表の顔って感じですね。
 
いわゆる、”万能型ストライカー”です。
 
代表には常に選出されてましたのですが、今回のヨーロッパ予選では代表の主将を務めた試合もありましたね。
 
今回のロシアワールドカップをきっかけに今後ルーニー選手以上の存在になってくれることを期待します!!
 
 
 

スポンサーリンク




 

クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)

 
ロナウド選手はポルトガル代表のエース。
 
今となっては大ベテランとなり、スピードとドリブルのキレには多少陰りが見えてきています、、、
 
でも、それを補う形で得点力が劇的に上がってきているので、”センターフォワード”として大活躍してくれるかもしれません。
 
ただ、EUROを制してコンフェデ杯に出場し、クラブワールドカップにも2年連続で出場しています。
 
ですので、これはレアルマドリードの選手全員に言えることですが、ぶっちゃけ”コンディション”が心配ですね。
 
 
前回のブラジルワールドカップでは屈辱のグループリーグ敗退に終わっているので、今回はその雪辱を果たして欲しいところです。
 
 
 

ネイマール(ブラジル代表)

 
ネイマール選手は誰もが知るブラジルの王子様です。
 
トリッキーなドリブル技術とシュート力で常に相手を翻弄します。
 
バルセロナからパリサンジェルマンへ290億円で移籍してから調子は今ひとつって感じですね。
 
チームメイトとの軋轢があるともいわれていますが、リーグ戦でも、代表戦でも酒井宏樹選手に抑えられてしまったので心配ですね。
 
前回のブラジルワールドカップでは準々決勝に不運な怪我で途中退場となり、ネイマール選手がいない準決勝ではドイツに大敗して”ミネイロンの惨劇”とまで呼ばれてます。
 
2002年大会以来の優勝にはネイマール選手の活躍が絶対不可欠と言っても過言ではありませんから。
 
 
 

エデン・アザール(チェルシー代表)

 
アザール選手はチェルシーの天才ドリブラーです。
 
日本でもかなり有名ですよね。
 
トップパフォーマンスはあのメッシ選手をも凌ぐかもしれませんが、精神的な問題があるのかプレーに波があっあり、監督と意見がぶつかることもしばしば、、、
 
日本代表との強化試合は出場しませんでしたが、好調のアザール選手がいるかいないかでは戦力にかなり差が出ますね。
 
ちなみに、プレミアリーグでは絶大な評価を得ているので、今大会までに必ず要チェックすべき選手ですね。
 
 
 

ルカ・モドリッチ(クロアチア代表)

 
ゲームメイク能力、崩しのドリブル、ラストパス、ミドルシュートなどなんでも出来る超万能でオールラウンドプレイヤーのモドリッチ選手。
 
クロアチア代表は、もっと中心選手としてモドリッチ選手を生かすサッカーをしたほうがいいかもしれませんね。
 
技術的にも、フットボールインテリジェンス的にも世界トップレベルのゲームメイカーだと言えます。
 
 
 

スポンサーリンク




 

トニ・クロース(ドイツ代表)

 
ドイツ代表の心臓とも言えるクロース選手。
 
的確なポジショニングと展開力、ラストパスの技術は群を抜いていて、インサイドハーフとして間違いなく世界トップレベルにいると言えるでしょう。
 
レアルマドリードの選手ですが、ドイツ代表はコンディション調整がかなり得意ですから心配無用でしょう!!
 
ブラジルワールドカップでブラジルに圧勝した試合では、2分間で2ゴールを奪うなど大舞台の強さを今大会でもぜひ発揮して欲しいですね。
 
 
 

ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表)

 
ロドリゲス選手は2014年のブラジルワールドカップでコロンビアを初のベスト8へ導き、”得点王”となりました。
 
愛くるしいルックスで一気にスター選手となり、レアルマドリードへ移籍したのですが、鳴かず飛ばずの成績です、、、
 
それからバイエルン・ミュンヘンへレンタル移籍しましたのですが、徐々に調子を取り戻しています。
 
右サイドからカットインドリブルして左足でシュートを突き刺すプレーには、前回のブラジルワールドカップでは日本代表にとって嫌な思い出です。
 
 
 
 

イニエスタ(スペイン代表)

 
イニエスタ選手はスペイン代表の司令塔です。
 
2010年南アフリカワールドカップでは決勝で延長戦に決勝点を挙げて大活躍しました。
 
柔らかなボールタッチと決定的な判断力で数々のゴールを勝ち取ってきたイニエスタ選手。
 
年齢的に最後のワールドカップとなるでしょうが、天才の超絶ラストプレーにぜひ期待したいですね。
 
イニエスタ選手もそうですが、本大会にどれだけのバルサの選手が出場するのかも個人的には大注目してます。
 
 
 

スポンサーリンク




 

シャキリ(スイス代表)

 
シャキリ選手はスイス代表の天才ドリブラーです。
 
大柄な選手が揃うスイス代表において、攻撃面で違いを作れる左利きのドリブラーでシュートもかなり上手いです。
 
若手時代から才気溢れるアタッカーとして活躍ており、前回のワールドカップでも活躍しましたからスイス代表の顔といっても過言ではありませんね。
 
 

スポンサーリンク




 

レバンドフスキ(ポーランド代表)

 
ポーランド代表のエースストライカーです。
 
バイエルン・ミュンヘンの万能型の点取り屋としてポストプレーが持ち味です。
 
ポッド1にポーランドは入ったのでグループリーグ突破はかなり可能性が高いですね。
 
ちなみにポーランド代表は得点力をレバンドフスキ選手に託しているので、得点王の可能性も十分に考えられます。

 
 
 

ケイラー・ナバス(コスタリカ代表)

 
コスタリカとレアル・マドリードの守護神。
 
前回のブラジル大会では、PK戦を勝ち抜いて見事コスタリカを史上初のベスト8へ導き、一瞬にして英雄となりました。
 
ワールドクラスのゴールキーパーの一人であることは誰もが認めるところで、レアル・マドリードのフロントがケイラー・ナバス選手を放出してマンチェスターユナイテッドのデ・ヘア選手を獲得しようとした際には、サポーターと選手から反発が凄くて、結局はレアルマドリードに残留することになりました。
 
つまり、それだけの影響力のあるプレーヤーということですね。
 
 
 

スポンサーリンク




 

ハビエル・エルナンデス(メキシコ代表)

 
エルナンデス選手はチチャリート(小さい豆)との愛称で親しまれており、メキシコのポイントゲッターです。
 
体は小柄ですが、点を取れるタイミングを絶対に見逃さない嗅覚は世界でも間違いなくトップクラスですね。
 
ルックスもかなりのイケメンなので、日本でも認知されるようになったら間違いなく人気に火がつくでしょう!!
 
 
 

スポンサーリンク




 

ルイス・スアレス(ウルグアイ代表)

 
スアレス選手はバルセロナの点取り屋で、ウルグアイ代表のエースストライカーです。
 
4年前のブラジルワールドカップでは、イタリア代表のキエッリーニ選手の肩に噛みついたことがかなり話題になりましたが、それでも”世界で5本の指に入るエースストライカー”といっても過言ではありません。
 
バルセロナでは、いまいち本調子が出ていないようで得点が減っていますが、メッシ選手の分まで守備を頑張っているから得点が少ないのかもしれません。
 
ちなみにウルグアイ代表ではエースとしての活躍を期待されるはずなので、心配無用だと思いますね。
 
 
 

エリクセン(デンマーク代表)

 
トッテナムの天才肌アタッカーで、デンマークの司令塔です。
 
以前はパサーのイメージが強かったのですが、ゴールへの得点力が出てきてから、あっと的に存在感が増してきました。
 
ぶっちゃけアイルランドのプレーオフを制したのは、半分以上がエリクセン選手の個人能力のおかげだと思いますね。
 
 
 

ファルファン(ペルー代表)

 
ペルー代表の右サイドアタッカーです。
 
ドリブルのキープ力と突破力ともにセンス抜群で、センタリングでもチャンスを作ることができます。
 
全盛期は過ぎてしまいましたが、ペルー代表の顔としてはゲレーロ選手かファルファン選手で決まりですね。
 
ちなみに、シャルケ時代は、内田篤人選手との右サイドのコンビでチャンピオンズリーグベスト4進出を果た経験があるので、見たことがある方はかなり多いと思います。
 
 
 

スポンサーリンク




 

ソン・フンミン(韓国代表)

 
トッテナムのサイドアタッカーで
韓国代表のエースでもあります。
 
左サイドを切り裂くドリブルと両足から放たれる強烈なシュートでゴールを量産しています。
 
実は、アジア予選では、怪我をしていたので、ソン・フンミン選手はあまり活躍出来ませんでした。
 
それでも、ワールドカップで韓国代表で個人能力で勝負できる選手はソン・フンミン選手だけだと思うので大注目ですね。
 
 
 

本田圭佑(日本代表)

 
本田選手と言えば、言わずと知れた、日本サッカー界の顔的な存在ですよね。
 
ACミランでは10番を背負い、メキシコに新天地を求めたレフティモンスターは、日本だけではなく話題性抜群ですから。
 
日本代表では、ベンチを温めていましたが、大舞台でのメンタリティは特別なものがあるので、復活に期待したいですよね。
 
何かと代表不要論が飛び交ったりしていますが、過去2回のW杯では中心選手としてどちらもゴールを挙げていますし、大舞台の強さを発揮してくれることを期待しましょう!!
 
きっと、本田選手も最後のワールドカップになると思われます。
 
 
 

カンテ(フランス代表)

 
カンテ選手は、フランスが生んだボールハンターで、2016〜2017年シーズンチェルシーを優勝に導き、プレミアリーグMVPを受賞してます。
 
大柄な選手が多いプレミアリーグで、小柄な体格でボールを奪いまくる姿は多くのちびっ子にも勇気を与えたはずですから。
 
フランス代表としてもチェルシーのチームメイトのバカヨコ選手とボランチのコンビを組む可能性が高いと思われますが、ボール奪取能力は大会ナンバーワンのコンビとなるでしょうね。
 
 
 

モハメド・サラー(エジプト代表)

 
サラー選手は50億円でローマからリバプールへ移籍した快速右ウイングです。
 
エジプト代表の最大の武器になることは間違いないですから。
 
足が速いだけでなく、シュートも落ち着いていて得点力もあります。
 
浅野拓麿選手にこの得点力があれば、、、
羨ましいです。
 
 
 

スポンサーリンク




 

ワールドカップ2018の注目選手まとめ

 
いかがでしたか?
 
今回はロシアワールドカップ2018の各国の大注目選手を20人紹介しました。
 
皆さんは誰か好きな選手はいましたか?。
 
また、今回のワールドカップで誰がMVPを取るのか考えると楽しいですね。
 
若くて凄い選手がいきなりサッカー界の主役になるかもしれませんが、その展開も面白そう!!
 
とにかくサッカーロシアワールドカップが今から楽しみでしょうがないですね。
 
 
 

【 関連記事 】

 

トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA