ベルリンの壁崩壊のきっかけは勘違い!!なぜ作られたの?

スポンサーリンク



f:id:trend_marketter_eno:20180505162512p:plain

 

トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
あなたは
ベルリンの壁を知ってますか?
 
 
実は当時の西ドイツと東ドイツの間には
万里の長城みたいなそびえたつ壁”が
あったんですね。
 
 
なぜそのような壁を作る
必要があったのか?
 
 
そしてベルリンの壁何がきっかけで
崩壊することになったのか?
 
 
色々と調べてみました!!
 
 
 
それでは早速
レビューしていきます。
 
 
 

ベルリンの壁崩壊のきっかけは勘違い!?

 
ドイツ大使館のサイトによると
ベルリンの壁が崩壊したきっかけは
このようにかかれています。
 
 
1989年10月から東ドイツの人々は
公然と路上で”反政府デモ”
するようになり、
 
デモへの参加者が
次第に増えていきました。
 
 
そしてついに11月9日の夜、
 
「 只今をもって
  東ドイツの国民は自分の好きな
  所へ旅行しても良くなった  」
 
と発表されたのをきっかけに、
ベルリンの壁が崩され、
東西ドイツの国境が繋がったわけです。
 
 
そしてなんとこの発表に
ある”勘違い”があったようです、、、
 
 
ちなみに勘違いしたのは、
東ドイツ政府広報官のシャボウスキー氏、
 
度重なるデモで頭を悩ませていた
東ドイツ政府は西側への旅行を
 
パスポートを持っていれば
自由にできるように決めたんですね。
 
 
この発表をシャボウスキー氏が内容を
よく知らないまま7時のニュースで
政府決定の内容を読み上げわけです。
 
 
しかもこの時に
 
「 いつからですか? 」
 
と聞かれたのに対して、
 
「 ただちにです 」
 
と答えてしまったのです(笑)
 
 
”今日の決定事項”とだけ言われて
原稿を渡されたわけですから、
勘違いするのも無理はありませんね、、、
 
 
もちろん実際は”パスポート”が
必要なのですが、
 
そのニュースによって、
一番近い西ベルリンへの検閲所に
人が続々と集まってきました。
 
 
そしてやってきた人たちは
かなりの数になってしまい、
 
「 もはや検閲の
  人たちには手が負えない状態 」
 
となってしまい、
現場判断でついにベルリンの壁
解放されたわけです。
 
 
ちなみに、
最初はゲートを通るのも
ビクビクしており、
 
ツルハシで叩いたり
壁に登ったりするのにも
時間がかかったみたいですね。
 
 
そしてベルリンの壁は後日壊され、
無事に行き来ができるようになりました。
 
 
こうしてベルリンの壁
崩壊していったわけです。
 
 
 

ベルリンの壁が作られた理由は?

当時東ドイツは自国の存在が
脅かされていると感じていました。
 
 
なぜなら壁を作るまでは
”毎日2000人程度の国民”が
国を去っていたからです。
 
 
これは1949年に東ドイツが建国されてから
ずっと続いており、全体では
”約200万人”ほどになったそうです。
 
 
東ドイツ政府高官は、
 
「 国民が国を去るようでは
  社会主義国家は作れない 」
 
と考えたわけです。
 
 
最終的には国民が自主的に
国に残らないのであれば、
 
「 ”壁”を作って強制的に
  留まるようにしなければならない 」
 
と曲がった考えを
持つようになりました。
 
 
つまり東ドイツの人々が
逃げられないようにするために、
ベルリンの壁が作られたんですね。
 
 
ちなみになんで東ドイツの人が国を
去って行ったのかと言うと、
 
「 東ドイツの経済が目に
  見えるように悪化していった 」
 
からです。
 
 
当時のドイツは冷戦の影響で米、英、仏が
占領して資本主義名目の西ドイツとソ連
 
占領して共産主義名目の
東ドイツとに分けられていたわけです。
 
 
そのなかでさらにベルリンは
西の3国と東のソ連とで
分けられていたんですね。
 
 
そして3国が統治している
”西ベルリン”は東ベルリンをはじめ、
なんと東ドイツに囲まれていたわけです。
 
 
バリバリの共産主義国からしたら
”自由度の高い資本主義国”は
うらやましいわけですよ。
 
 
 
だから、国民が揃って
西ドイツへと移って行った
わけなんですね。
 
 
 

まとめ

 
ベルリンの壁なんてぶっちゃけ
中学校以来考えたこともありませんでした。
 
 
確かに中学生の時は世界の歴史になんて
1ミリも興味がなかったので、
 
「 絶対に将来役に立たないわぁ〜 」
 
って感じでした(笑)
 
 
でも大人になってから改めて
歴史的な背景をしっかりと理解した上で
 
ベルリンの壁”について
振り返って見たら、
 
「 崩壊の理由はまさかの”勘違い” 」
 
だったなんて本当に驚きでしたね(笑)
 
 
よく内容を理解せずに全国民に対して
発表してしまうなんて
ちょっと考えられませんよね、、、
 
 
でもその結果、
暴動が治ったのは事実なので、
結果オーライなのかもしれませんね!!
 
 
人生何が”きっかけ”で変わるか
分からないので良い教訓になったと
思っています!!
 
 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA