佐藤タカヒロの死因は?鮫島、最後の十五日の最後は?(少年チャンピオン)

スポンサーリンク



トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
漫画家である佐藤タカヒロさんが亡くなったとの報道がありました。
 
佐藤タカヒロさんの代表作と言えば、少年チャンピオンで連載中の漫画”鮫島、最後の十五日”の作者として有名なんですね。
 
現在のところ、詳細についてはほとんど明らかになっておらず、新聞の記事だけで報道されています
 
早速、レビューします!!
 
 
 

スポンサーリンク




 

佐藤タカヒロの死因は?鮫島、最後の十五日の作者

 
今回話題になっている新聞の記事はこちらになります。
 
新聞の記事の情報によれば、佐藤タカヒロさんという方が2018年7月3日に亡くなったとのこと。
 
年齢は41歳だったそうです。
 
この記事だけでは、噂になっている漫画家の佐藤タカヒロさん本人かどうかは分かっていません、、、
 
しかし、後に報道された少年チャンピオン編集部のホームページに、以下のような記載がありました。
 
訃報
平成30年7月3日未明、週刊少年チャンピオンにて『鮫島、最後の十五日』を連載中の佐藤タカヒロ先生が永眠されました。
 
享年41でした。
 
ここに生前の読者の皆様のご愛顧に深謝し謹んでお知らせ申し上げます。
 
編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、先生の作品を読み、心を震わせることができたことを幸せに思いながら、
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 
またご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。
 
なお、葬儀は近親者のみで執り行われますことを、あわせてご報告させていただきます。
 
佐藤タカヒロ先生が週刊少年チャンピオンにて連載中の『鮫島、最後の十五日』は週刊少年チャンピオン33号掲載分にて、最終回とさせていただきます。
 
単行本に未掲載分の刊行等、今後に関しましては決まり次第改めて週刊少年チャンピオン本誌、並びに公式HPにて告知させていただきます。
 
株式会社秋田書店
週刊少年チャンピオン編集部
出展:http://www.akitashoten.co.jp
 
どうやら、悲しいですが、亡くなったのは佐藤タカヒロさん本人で間違いなさそうです
 
 
 

佐藤タカヒロのプロフィール

 
名前:佐藤 タカヒロ(さとう タカヒロ)
職業:日本の漫画家。
出身:山形県酒田市。
学歴:仙台デザイン専門学校卒。
 
2000年、週刊少年チャンピオン新人まんが賞準入選受賞
 
こちらが、佐藤タカヒロさんの画像のようです。
 
作品はこちらです↓
 
いっぽん!(週刊少年チャンピオン2004年17号 – 2006年46号、全14巻)
 
バチバチ(週刊少年チャンピオン2009年24号 – 2012年19号、全16巻)
 
バチバチ BURST(バチバチ バースト)(週刊少年チャンピオン2012年25号 – 2014年36+37合併号、全12巻)
 
鮫島、最後の十五日(週刊少年チャンピオン2014年50号 – 連載中、既刊18巻)
 
 
 

スポンサーリンク




 

佐藤タカヒロの死因は何?

現在のところ、佐藤タカヒロさんの死因については報道では明らかになっていません。
 
ただ、亡くなったという事実だけが報道されていますね。
 
上記、掲載した秋田書店に掲載された内容においても、死因については明らかになっていません。
 
こういった場合、自殺の可能性もあるのですが一体どうなのでしょうか、、、
 
ネット上ではかなり衝撃的なニュースとなっており、その報道が嘘なのではないかとのコメントまで出ていますからね。
 
このような人を魅了する漫画を描く方が亡くなるのはなぜなのでしょうか
 
ちなみに、佐藤タカヒロさんはTwitterをしているんですね。
 
普段から頻繁にリツイートがたくさん見られますが、最後のツイートはこちらでした↑
 
このツイートを見る限りは、自殺とは思えないですよね、、、
 
新しい報道が入り次第、追記していきますね。
 
 
 

佐藤タカヒロのネットの声

 
 
 

スポンサーリンク




 

佐藤タカヒロのまとめ

 
今回は佐藤タカヒロ先生の訃報について調査しました。
 
情報によれば、前日までは元気だったようなので、事故や脳卒中のような、死因は突然死の可能性が高いと思われます。
 
とても急な話だったので、かなりショックが大きいです、、、
 
週間少年チャンピオンで連載中の”鮫島、最後の十五日”の最後がどうなるのか気になるところです。
 
 
 

関連記事

 
 
 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA