ビットコインの6つのリスクとは?例題でわかりやすく徹底解説!!

スポンサーリンク



 

f:id:trend_marketter_eno:20180218140605p:plain
トレンドマーケッターENOです。
 
 
今何かと世間を
賑わせている”仮想通貨”
 
仮想通貨の代名詞と言えば
間違いなくビットコインです。
 
もちろん、ビットコインにも
当たり前のようにリスクはあります
 
当然リスクはどんなものにでも
あるのですが、知っているだけでも
多くのリスクを回避することができます。
 
ですので、正しい知識でビットコイン
リスクを認識して欲しいわけです。
 
 
そして”ビットコインのリスク”には
主に以下のようなものがあります。
 
相場の変動リスク
 
ウォレット管理リスク
 
取引所閉鎖リスク
 
 
取引キャンセル不可リスク
 
取引履歴の公開リスク
 
それでは一つずつ詳しく
解説していきますね。
 

相場の変動リスク

f:id:trend_marketter_eno:20180218140618p:plain

 

 
ビットコインは独自に価格を
形成しているので、日本円に対して
ビットコインの価格が変動します
 
ですので、
 
「 今日1BTCが200万円だったとしても、
  明日には1万円になってしまう、、、 」
 
かもしれませんから。
 
ビットコインはまだ開発されてから
間もない通貨です。
 
いくら世界的に流行しているとはいえ
相場は刻一刻と大きく変動します。
 
ちなみに変動率は、
 
「 ”円/ドルFXの10倍” 」
 
とも言われています。
 
つまり、ビットコイン
 
「 ハイリスクハイリターンのマーケット 」
 
ということなんですね。
 
 

ウォレット管理リスク

f:id:trend_marketter_eno:20180218140628p:plain

 

仮想通貨の”ウォレット”には
大きく分けて二種あり、
 
ホットウォレット
(ネット接続されたもの)
 
コールドウォレット
(ネット接続されてないもの)
 
があります。
 
そしてネットに接続されている
”ホットウォレット”は、
 
ウォレットサービス提供者が
ハッキングを受けた場合など、
 
「 ”盗難の被害”
  に合うリスクが常にある 」
 
ので基本的に多額の資産は
”コールドウォレット”で
管理するように徹底しましょう
 
 

取引所閉鎖リスク

f:id:trend_marketter_eno:20180218140639p:plain

 

ビットコインを取引するときは、
購入することが一般的です。
 
ちなみに仮想通貨取引所
万が一破たんした場合は、
 
銀行と異なり基本的に
一切保証はしてくれませんので
注意しましょう
 
その為取引所内に多額の
ビットコインを保管するのは危険なので、
 
上記”コールドウォレット”内に
多額のビットコインを保管するように
しましょう
 
 
f:id:trend_marketter_eno:20180218140650p:plain

 

というシステムを採用しているために、
 
取引所がが攻撃される可能性が
ゼロではありません
 
実はビットコイン取引には
 
「 他のユーザーの”承認作業” 」
 
が必要なんですね。
 
そしてその”承認行為”に不正を
働くことが論理的には可能です。
 
このような事態がどのくらいの
確率で起こり得るのかをよく知っておく
事はとても重要なリスク回避になりますから。
 
 

取引キャンセル不可リスク

f:id:trend_marketter_eno:20180218140701p:plain

 

ビットコインは送金をしたら、
仮に間違えたとしてもシステム上、
 
その送金を取り消すことが
できませんので注意しましょう。
 
もちろん銀行振り込みであっても
取り消すことはできませんが、
 
大金の場合は銀行側で
対応してくれる事も時にはあると思います。
 
つまり、ビットコインは送金ミスは
”完全に自己責任”であるということです。
 
 

取引履歴の公開リスク

f:id:trend_marketter_eno:20180218140715p:plain

 

実は、
 
「 ビットコインの取引履歴は
  全て全世界に向けて公開  」
 
されているんですね。
 
ちなみに個人情報がその公開された
情報に紐づいているわけでは無いので、
 
個人が特定される可能性は
限りなく低いですが、
理論的には個人を特定する事が可能です。
 
ですので推奨されるのは、
 
「 同じビットコインアドレスを
  毎回使用しない事     」
 
とされていますね。
 
ちなみにビットコインアドレスは
いくつでも無限に作成できるので、
 
なるべく利用毎に
作成することをオススメします。
 
 
 
以上、
 
「 ビットコイン特有の
  主な6つのリスク  」
 
についてご紹介しました。
 
 
(価格変動率)が高いので、
 
全財産をつぎ込むようなことはせずに、
必ず余力資金で始めるようにしましょう!!
 
 
 
トレンドマーケッターENOより。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA