鉄腕ダッシュのラーメンで炎上?藤岡真さんのツイートが原因!!

スポンサーリンク



 
f:id:trend_marketter_eno:20180412230641p:plain
 
トレンドマーケッターENOです。
 
 
日曜の
人気バラエティ番組と言えば
 
「 鉄腕ダッシュ 」
 
ですよね!!
 
 
実はこの鉄腕ダッシュTOKIO
なんと2年がかりで作った
 
「 世界一うまいラーメン 」
 
っていうのがあるんですね。
 
しかしこのラーメンをについて
 
「 作家の藤岡真さんのツイート 」
 
が大炎上するという事態が
発生してしましました。
 
それでは早速
レビューしていきます。
 
 

鉄腕ダッシュのラーメンで炎上した藤岡真さんのツイートとは?

f:id:trend_marketter_eno:20180412230655p:plain
 
実際にTOKIO鉄腕ダッシュ
約2年がかりで作ったラーメンの
試食の様子が放送されたところ、
 
藤田真さんは、
 
「 福島の小麦から
  作った麺なのかよ、、、 」
 
などとツイッターでつぶやいたんですね。
 
しかしこれがネット上で大騒動になって、
藤田真さんのツイッターが炎上しただけで
なく、
 
なんと藤田真さんの新刊の
アマゾンレビューにも大量の批判が
書き込まれる事態にまでなりました。
 
ちなみに藤田真さんは
その問題のツイートを削除して、
ブログで謝罪しています。
 
 

鉄腕ダッシュのラーメンが炎上するきっかけとなった藤田真さんのツイート

 

f:id:trend_marketter_eno:20180412230708p:plain
 
鉄腕ダッシュの企画でTOKIOが2年がかりで
取り組んだ”究極のラーメン”の完成が
2016年3月20日にオンエアされました。
 
この究極のラーメンはとにかく
素材にこだわっていて、
 
高知土佐清水の宗田鰹、能登の海塩、
函館の真昆布などなんと
”18の厳選された食材”が使われてます。
 
ちなみに”麺”に使われたのは
福島産の最高級小麦”春よ恋”です。
 
誰が作ったラーメンかを伏せた試食会が
行われると、麺やスープを口にした人の
表情が見る見る変わっていきます。
 
つまり、それだけ美味しく出来た
ラーメンだということですから。
 
この究極のラーメンは
一杯の原価が630円もするそうで、
 
仮に店舗で販売するとしたら
 
「 値段は2000円以上 」
 
になるとのこと、、、
 
それでもネットでは
 
「 自分も食べてみたい!! 」
 
というコメントで大騒ぎになったのですが、
”あるツイート”によってこの騒ぎを
凍らせる事態になります。
 
そのツイートとは
”ミステリー作家の藤岡真さん
のツイートで、
 
「 TOKIO。究極のラーメンて、
  福島の小麦から作った麺なのかよ 」
 
などのメッセージを
2016年3月20日の番組終了時に
つぶやいたわけです。
 
そして藤岡さんの
今回のツイッターに対して、
 
「 TOKIOに、そして震災で被害にあった
  全ての人々に謝罪すべきでは?
  あなたの発言は侮辱でしかない   」
 
などといったリプライが
殺到して”大炎上”したわけです。
 
そして自体はそれだけに留まらず、
アマゾンで販売している藤岡真さんの
 
新作”死龍”のレビュー欄にも
”ネットユーザーの攻撃”が始まり、
評価は最低の星1つが並ぶ状態でした。
 
 

鉄腕ダッシュのラーメン炎上に対して藤岡真さんの謝罪コメント

f:id:trend_marketter_eno:20180412230723p:plain
 
こうした批判に対して藤岡真さんは、
問題となったツイートを削除して、
 
その後自身のブログに
”わたしの言いたいこと”という
記事を掲載しました。
 
そして最後に、
 
「 福島県民、TOKIO
  関係者各位に深くお詫びいたします 」
 
と謝罪をしました。
 
 
しかし本文中に、
 
「 中には売れない作家の売名行為、
  ステマであるといったものも散見したが、 
  これは嫌がらせだと思っています   」
 
という文言があり、
 
「 本質的な謝罪にはなっていない 」
 
と結果的に火に油を注ぐような
形になってしまいました。
 
 
個人的にはラーメンが大好きなので
ぜひ鉄腕ダッシュTOKIOさん
 
作った”究極のラーメン”
食べてみたいと思いました!!
 
 
確かに世の中にはいろんな考えを
持っている人がいるので、
 
意見が食い違ってしまうのは
しょうがないことだと思います。
 
それでも”誹謗中傷”をすること
だけは何があっても絶対にしては
いけないことだと思います。
 
今はインターネットで誰もが
気軽に情報を発信できるので、
 
こういったネット上のマナーと
いうものは特に気をつけなければ
いけないなと強く思いました。
 
【 関連記事 】
 
 
トレンドマーケッターENOより。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA