引越しの荷造りをスムーズにやるたった5つのコツとは?

スポンサーリンク



 
 

f:id:trend_marketter_eno:20180204014045p:plain
トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
もうじき春になりますが、
春と言えば出会いと別れの季節であり
”引っ越し”するって人も多いと思います。
 
業者が決めたら、
大変なのが荷造り”ですよね。
 
最近だと業者に荷造りや荷解きを
やってもらえるプランがありますが、
当然料金が高いわけです、、、
 
ですので、自分たちで荷造りをする
ということの方が多いと思います。
 
ちなみい僕の経験、
引越し日の2〜3週間ぐらい前から
始めるとスムーズなのですが、
 
どのように荷造りをしていけば
 効率がいいのか?
 
どんなスケジュールで
 準備をすればいいのか?
 
ということが全く分からない人も
たくさんいると思うんですね。
 
そこで今日は、
 
「 荷造りを最短で
  完了させるための5つのポイント 」
 
に関してご紹介していきますね。
 
 
 

1 ”タオル”徹底活用すべし!!

f:id:trend_marketter_eno:20180204014100p:plain

 

ダンボールに自分の荷物を詰める時、
特に”食器”などは新聞紙や梱包材などで
整理することが多いと思います。
 
でもそもそも新聞を取っていなければ
わざわざ用意しなければいけないし、
 
何より荷解きする時に
”大量のごみ”が出てしまいますから
これは大変です。
 
そこで僕がオススメしたいのが
”タオル”を活用する方法なんですね。
 
”バスタオル”、”フェイスタオル”
などタオルって結構な量になりますよね。
 
そしてタオルをダンボールに詰めると、
 
「 タオルだけでダンボールが
  いっぱいになってしまう、、、 」
 
なんてこともありますから(笑)
 
ですので、限られたダンボールを
上手に活用する1つの方法として、
 
「 ”タオル”を梱包材として使う 」
 
ってことを試してみてください。
 
つまり、食器を新聞紙で
包むのではなくて、
”タオル”で包めば言いわけです。
 
タオルで包めば食器同士が
ぶつかることもなくなるので、
緩衝材として十分に使えますから。
 
かつ、タオルを梱包材として使うと、
タオルだけのダンボールがなくなるので、
一石二鳥というわけですね。
 
また、タオルを”荷物の滑り止め”
としても使うことができるので、
 
食器を梱包するときには
ダンボールの底にもタオルを
敷いておくと良いですね!!
 
また、小物などをダンボール箱に
詰めた場合、
 
隙間があるとダンボールの中で
荷物が動いたり、
 
箱がつぶれたりして
壊れてしまう危険性があります。
 
そういった隙間を埋めるためにも、
タオルを活用するのがオススメなんです!!
 
 
 

2 荷物は”部屋ごと”分ける

f:id:trend_marketter_eno:20180204014120p:plain

 

あなたは、
 
「 荷物をまとめるときに
  どんな物を同じダンボールに
  詰めるのが効率が良い   」
 
と思いますか?
 
すぐにパッと思いつくのは
”同じ種類の物”だと思うんですね。
 
例えば、
 
・本なら本
・食器なら食器
・衣服なら衣服、、、等
 
そういう分類をしておくと
確かに便利だと思います。
 
もちろん種類ごとに
整理しておくことは大切なのですが、
引越しの場合のポイントは
それだけではないんですね。
 
引越し前の荷造りや新居での
荷解きをする場合、
 
最も効率が良いのは、
 
「 部屋ごとに進めていく 」
 
ってことなんですね。
 
当然ですが、荷造りの最中に
あちこち部屋を行き来していると、
なかなか作業もはかどりませんから。
 
例えば”本”という種類別にすれば
同じダンボールに梱包しても
良いように思えますが、
 
そうしてしまうと荷解きの際に
ダンボールを移動しなければ
いけなくなってしまいますから
 
ですので、
やはり”書斎”と”子供部屋”で
それぞれ別のダンボールに
まとめるのが最も効率が良いわけです。
 
だからこそダンボールは
まず部屋ごとに分けた上で、
 
できるだけ種類別に
荷造りをすると一番効率が良いです!!
 
 
 

3 ダンボールの中身がわかるように

f:id:trend_marketter_eno:20180204014134p:plain

 

引越しに使うダンボールの数は、
単身でも基本10〜15箱ぐらいに
なりますし、
 
3人家族にもなれば
50箱以上になることもあります。
 
引越し前の荷造りしている時は、
大体置いてある位置でダンボールの中身が
わかりますが、
 
いざ新居へ引っ越した時、
一気にダンボールの中身が
がわからなくなってしまいます(笑)
 
単身の引越しであれば、
一部屋に荷物を片付ければいいので
 
内容が多少わからなくても
どうにでもなります。
 
ただし、複数の部屋がある新居へ
引越した場合、
 
ダンボールの中身がわからないと
どエライことのなってしまいますから。
 
こんな状態ではすぐに荷解きを
始めることもできませんし、
 
引越し後の整理に何日も
無駄にしてしまうことになります。
 
だからこそ、
 
「 ダンボールはその中身が
  わかるようにしておく 」
 
ってことが大切なんですね。
 
具体的でなくても、
 
・書斎用
・台所用
・子供部屋用、、、等
 
のようにどこで使うものかということが
わかると、引越し業者さんも部屋ごとに
運んでくれるので親切ですね。
 
引越し業者から
もらったダンボールには、
 
ダンボール内容を書くことが出来る
スペースがあるものが多いので、
 
そこに何が入っているかわかるように
必ず書いておきましょうね。
 
特に家族がたくさんいる場合には、
”誰”の荷物なのかというのもちゃんと
わかるようにしておくと、
 
より荷解きがスムーズになりますから。
 
 
 

4 ダンボールの大と小で使い分ける

 

f:id:trend_marketter_eno:20180204014151p:plain
引越し業者に引越しを依頼すると、
大抵の場合は梱包材であるダンボールと
ガムテープなどをもらうことができます。
 
そしてダンボールには、
”大きいもの”と”小さいもの”
があるんですね。
 
ちなみにこの大小のダンボールを
何も考えずに使ってしまうと、
かなり痛い目にあうことが多いです(笑)
 
これも僕の経験談になりますが、
 
「 大きいダンボールには
  とにかくものをたくさん詰めたい 」
 
と思って本や漫画などを
まとめて大量に入れたんですね。
 
そして気づいたら、
一人では絶対に持てないくらいの
重さになってしまいました、、、
 
引越しの荷造りは、
梱包すれば終わりというわけではなくて、
 
荷造りしながらダンボールを
移動させることもしないといけませんから。
 
ですので、
 
「 ダンボールが
  重すぎて運べない、、、 」
 
というのは絶対にNGなんですね。
 
また引っ越し当日は
プロに荷物を運んでもらうとしても、
 
大きくて重たいダンボールが
たくさんあると、作業効率が
かなり悪くなってしまいますからね。
 
そこで大切なのが、
 
「 ”大きいダンボール”と
  ”小さいダンボール”を使い分ける 」
 
ってことなんです!!
 
コツとしては、
”大きいダンボールには軽いもの”を、
 
”小さいダンボールには重いもの”
梱包することで、
ダンボールがかなり運びやすくなります。
 
ただし、小さいダンボールであっても、
当然重すぎる運べないので注意です。
 
重たいものを詰め込み過ぎず、
梱包しながら時々持ち上げて重さを
確認すると良いですね。
 
ちなみにダンボールにものを詰める時は
 
「 ダンボールの下の方には
  重いものを入れ、上の方には
  軽いものを入れる     」
 
と良いです。
 
なぜなら、ダンボールを重ねても
中身がつぶれることがありませんし、
荷物を運ぶ際にも安定感が出るからです!!
 
 
 

5 荷造りは使わないものから

f:id:trend_marketter_eno:20180204014204p:plain

 

引越し経験がない人だと、
 
「 何から荷造りをしていいか
  わからなくなってしまう、、、 」  
 
って人も多いと思います。
 
実際僕も初めて引越しをしたときは、
同じ経験をしましたから。
 
そこで片っ端から荷造りを
していったのですが、
 
「 やっぱり、まだこれ使うしっ!! 」
 
ってことが重なって、
せっかく梱包したダンボール箱から
泣く泣くものを出してました。
 
気がつくと、引っ越し間際になっても、
荷造りがほとんど出来ていないっていう
状態でした(笑)
 
そうならないためにも、
 
「 使わないものから荷造りを始める 」
 
ということがかなり重要です。
 
例えば服であれば、
その季節に着ないものから
まずはすべて梱包していく。
 
押し入れや収納の奥に
あるものからどんどん梱包していく。
 
というのが効率的に
引越し準備をするポイントですから。
 
荷造りの順番で失敗しないためにも、
”梱包のスケジュール”を立てておくと
安心ですね。
 
 
 

まとめ

 
何も考えずにがむしゃらに
荷造りをしていっても、
 
無駄になってしまうことがあるからこそ、
紹介したコツをぜひ活用してみてください。
 
本当に荷造りのやり方次第で
引越しの片付けが楽になりますから
 
引越し日までは限られた時間しかない
からこそ、効率的な引越し準備を
徹底して欲しいと思います。
 
 
 
トレンドマーケッターENOより。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA