野澤徹(のざわとおる)の顔画像がを公開!!Facebookから情報を徹底調査

スポンサーリンク



トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
今から10年ほど前に埼玉県川口市で当時10代の女性が性的な暴行を受けた事件で、時効を27時間後に控えた2018年6月13日の夜に会社役員・野澤徹(のざわとおる)容疑者37歳が逮捕されました。
 
ちなみに、野澤徹の顔画像はすでにニュース番組で公開されており、Facebookなどから家族の情報まで徹底的に調査しました。
 
今回は野澤徹容疑者について詳しく書いていきたいと思います。
 
それでは早速レビューします!!
 
 
 
 
今から10年前、埼玉県川口市で当時10代だった少女が性的な暴行を受ける事件が発生し、警察は時効の成立が27時間後に迫っていた2018年6月13日夜、37歳の会社役員の野澤徹容疑者を逮捕しました。
 
調べに対して、野澤徹容疑者は
 
「 記憶にない、、、 」
 
と容疑を否認しているということです。
 
今回逮捕されたのは、埼玉県川口市の会社役員、野澤徹容疑者(37歳)です。
 
警察の調べによると、野澤容疑者は10年前の平成20年6月14日の深夜から翌朝にかけて、川口市の住宅街で当時10代の女性に、
 
「 大声を出したら刺すぞっ!! 」
 
と脅した上で公園に連れ込み、性的暴行をした疑いが持たれています。
 
ちなみに事件は2018年6月15日の午前0時に時効が成立する予定でしたが、警察は現場に残された遺留物などから野澤容疑者が関わった疑いがあるとして、指名手配して行方を捜査していたとのこと。
 
その結果、13日の夜に、川口市内の知人のマンションにいる野澤容疑者を見つけ、時効がおよそ27時間後に迫った午後8時過ぎに逮捕されました。
 
ちなみに、調べに対して野澤徹容疑者は、
 
「 記憶にない、、、 」
 
と供述し、容疑を否認しているということです。
 
野澤容疑者と被害者は面識がなかったと見られており、警察が詳しい事情を調べています。
 
 
 

スポンサーリンク




 

野澤徹の犯行動機は?

 
野澤容疑者の犯行動機については、
 
「 記憶にない、、、 」
 
と本人が容疑を否認しているため、警察からの発表はされていません。
 
 
 

野澤徹のプロフィール

逮捕された野澤徹容疑者はどのような人物なのかネットの情報をかき集めてみました。
 
【名前】:野澤徹(のざわとおる)
 
【年齢】:37歳
 
【住所】:埼玉県川口市
 
【職業】:会社役員
 
【容疑】:10年前の少女強姦事件
 
【供述】:否認
 
 
すでに、野澤徹の顔画像はニュース番組で報道されており、ネット上でも公開されています。
 
平成20年の6月に少女を、
 
「 大声を出したら刺すぞっ!! 」
 
などと脅し、公園で性的な暴行をするなど非常に悪質な犯行をした疑いがかけられています。
 
そして、事件現場の公園には遺留品が残されていたことから、野澤徹容疑者は指名手配されて、時効直前で逮捕に繋がりました。
 
現在野澤徹容疑者は容疑を否認しているということですが、自宅ではなく友人のマンションに滞在していたなどから、”逮捕”から逃れるために知人の家を転々としていた可能性もあるかもしれませんね、、、
 
 
 

スポンサーリンク




 

野澤徹のFacebookから家族情報はわかるのか?

 
野澤徹容疑者のFacebookがあるのか調べてみると、同姓同名の年齢が一致する人物がヒットします。
 
そこには会社の役員であるかのような記述もあるので、野澤徹容疑者本人である可能性も高いと思います。
 
ちなみにその投稿によると、野澤徹容疑者は建築関係の会社役員でることが判明しています。
 
埼玉県川口市在住で、血液型はO型だということ。
 
また、投稿された写真から嫁や子供がいることも判明しています。
 
Facebookには顔画像も投稿されているのですが、報道された野澤徹の顔画像が不鮮明であるため、現時点に置いて野澤徹容疑者と同一人物なのか照合が取れていません。
 
ただ、可能性としては極めて高いので、公開できるほどの情報が揃い次第、追記していきたいと思います。
 
 
 

ネットの声

 
 
 
 

スポンサーリンク




 

まとめ

 
状況的に自分の性的欲求を満たすためだというのは明らかであり、刃物を用意していることからも非常に計画的かつ悪質な犯行だと言えますよね。
 
詳細な時効のことを本人が知っていたとは思えませんが、そろそろだなと感じていた可能性は十分あり、容疑者を取り逃がさなかったことは、埼玉県警としてもメンツを保ったと言えるでしょう。
 
もしFacebookの人物と犯人が同一人物ならば、事件後に家庭を持ち、事件があった川口市内で仕事をしながらのうのうと自分の人生を全うしていたということです、、、
 
まさか自分が捕まるわけはないとでも思っていたのでしょうか?
 
相手の女性がどれほどの心の傷を負ったのかまったく気にしていないのでしょう。
 
事件から逃げ続けたことも考えて、このような悪質な容疑者にはしっかりと厳罰を望みます。
 
 
 

【 関連記事 】

 
 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA