ハンターハンター380:ミザイストムがイルミとカルトを拘束?次週からまた休載か?

スポンサーリンク



 
f:id:trend_marketter_eno:20180331114215p:plain
 
トレンドマーケッターENOです。
 
前回までのお話ではエイ一家の
”ルイーニー”が第三層で20人も
人を殺める事件を起こしました。
 
そしてルイーニーは
能力(ギフト)を授かり、
 
「 一度マーキングした部屋に
  自由に空間移動できる  」
 
という能力が開花しました。
 
そして事態が深刻だと判断した
十二しんの”ミザイストム”
護衛軍を巻き込んでついに動き出します!!
 
 
 
それでは早速
レビューしていきます。
 
【 よく読まれている記事 】
 
 

ミザイストムが軍を動かす!!

f:id:trend_marketter_eno:20180331114228p:plain
 
頭がかなり切れる
ミザイストムはすぐに
 
「 壺中卵の儀(こちゅうらんのぎ)を
  巡った単独犯による連続殺人  」
 
である可能性が
極めて高いと結論づけました。
 
しかも”犯人は王子ではない”とも
説明しており、
 
「 王継承者候補は
  王族特権、継承戦無罪という”矛”と
  王族殺人は極刑という”盾”    」
 
を有しているため、
”委託殺人””忖度殺人”が横行する
とまではっきりと推測してます。
 
そして、
 
「 なぜ大量に人を殺す必要があるのか 」
 
については、
”壺中卵の儀の呪術的要素”が
深く関係していると説明してます。
 
つまり、
”犠牲を払うことで超常的な力が宿る”
と考えられるってことですね。
 
さすが、ミザイストム。
 
わずかな情報と持ち前の洞察力で
一瞬にして正しい結論にたどり着きました。
 
 
 
 
 

幻影旅団とシャア一家が手を組む

f:id:trend_marketter_eno:20180331114239p:plain
 
どうやら旅団はシャア一家と手を
組むことにしたらしく、ノブナガと
フィンクスがシャア一家のアジトに
案内されます。
 
そこで、
 
「 ルイーニーがシャア一家の
  アジトに潜入した動画  」
 
を見ました。
 
ところが肝心の”扉”は
施錠されていたため、
 
ルイーニーは足早に
逃げ去っていったみたいです。
 
結局ビデオ動画には決定的な映像は
残されていなかったわけですが、
ノブナガは、
 
「 どうせあっちから来るさ。
  ”そっちの扉”を開けるためにな。 」
 
とコメントしてます。
 
そして若頭オウに奥の扉に何が
あるか見たいかと聞かれますが、
 
「 タダでとは言わねぇさ、
  ”組員殺しの首”と交換でどうだ? 」
 
と以外にも
真っ当な交渉をしました。
 
それからノブナガとフィンクスは
シャア一家の舎弟頭”ツドンケ”から
色々とアジトについて説明を受けます。
 
どうやらこのツドンケは
幻影旅団の熱狂的なファンらしく、
 
「 うぉぉぉ、旅団の人たちだ!!
  色々聞きたい!! 」
 
「 なんとかサシで
  話す機会を作りたい!! 」
 
「 サインくれねぇかな、、、 」

 

 
 
と目論んでいるようです(笑)
 
個人的には、
このツドンケは旅団に対して
 
「 超貴重な”情報”を提供してくれたり、
  場合によってはシャア一家を裏切る 」
 
なんて展開になるのではと
予想しています!!
 
 

イルミとカルトは第三層に残る真の目的とは?

f:id:trend_marketter_eno:20180331114253p:plain
 
ミザイストムがついに軍を巻き込んで
本格的に犯人探しに動き出します。
 
まずは人海戦術で”第三層”を
洗い上げて行くみたいですね。
 
「 IDチケットを持たないものは
  たとえ子供でも拘束する   」
 
とのことなので徹底して
 
そして軍は第三層の”デッキエリア”で
ある二人組みを追い詰めました。
 
その二人とは
 
「 ゾルディック家の
  長兄イルミ五男カルト 」
 
だったわけです。
 
軍がなぜVIPの方が
こんなところにと尋ねると、
 
イルミは高圧的な念を発して、
 
「 仕事(ビジネス)、、、 」
 
とだけ答えます。
 
軍がすかさず、
”上層へ案内する”と言っても、
 
「 仕事なんだ、三層に残る 」
 
と言って譲りません。
 
そこへミザイストムがやって来て、
 
「 旅団がここにいるんだな 」
 
と聞くとイルミは、
 
「 あぁ、全員揃ってるよ 」
 
とあっさり回答しました(笑)
 
そして旅団が船内にいると知った
ミザイストムはある結論に至ります。
 
「 旅団の目的はクラピカへの復習、、、 」
 
イルミはクラピカと同期の
ハンターなのでクラピカがハンターで
あると知ったらココに辿り着くのは
簡単であると推理したわけですね。
 
この”驚愕の事実”をクラピカに
伝えるか否か、ミザイストムは
かなり悩んでいる様子です。
 
そして部下からある連絡を
受けたミザイストムは血相を変えて
本部へと戻ります。
 
そこで待っていた人物とは、、、
 
「 第11王子である
  フウゲツ王子 」
 
が”IDを持たない不審者”として
拘束されていました、、、
 
 

まとめ

f:id:trend_marketter_eno:20180331114306p:plain
 
「 王位継承戦 」
 
「 ヒソカVS幻影旅団 」
 
「 クラピカの幻影旅団への復習 」
 
「 ゾルディック家の真の目的 」
 
など様々な要素がありすぎて
正直頭が整理できていない人も
かなり多いのではなかと思います(笑)
 
でもその分楽しめるストーリーが
たくさんあるってことなので、
 
個人的には今後も楽しく
読むことができそうです!!
 
ちなみに僕が期待しているのは、
やっぱり”ヒソカと旅団との一騎打ち”
ですね。
 
ぜひもう一度、
 
「 ヒソカ VS クロロ 」
 
の激戦を見たくて見たくて
しょうがないです(笑)
 
死後の念でパワーアップしたヒソカと、
おそらく新しい能力を盗んでさらに
進化したクロロはどっちが勝っても
おかしくはありませんから。
 
そしてなんと悲しいことに、
次週以降は
 
「 しばらくの間休載いたします 」
 
とのことなので今後の展開は
しばらくお預けになりそうです。
 
少しでも早く連載復帰してくれることを
ここから願っています!!
 
 
 
トレンドマーケッターENOより。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA