【アメトーーク家電芸人】ミラーレスカメラはルミックスGX7MK2がオススメ!!

スポンサーリンク



 
f:id:trend_marketter_eno:20180405025229p:plain
 
トレンドマーケッターENOです。
 
 
数あるバラエティ番組の中でも
僕が特にお気に入りなのが、
アメトーーク家電芸人”なんですね。
 
そして先日家電芸人で、
 
「 ミラーレス一眼
  ルミックス GX7MK2 」
 
徳井さんが紹介していました。
 
ちょっと気になる機能が
いくつかあったので
紹介していきたいと思います。
 
それでは早速
レビューしていきます。
 
 

アメトーーク家電芸人で紹介したルミックスGX7MK2のここがスゴイ!!

f:id:trend_marketter_eno:20180405025244p:plain
 
ちなみにルミックスGX7MK2”
チュートリアルの徳井さんが紹介しました。
 
そしてルミックスGX7MK2は
パナソニックの最新型の
ミラーレスカメなんですね。
 
なんと取り直すことなく、
撮影後に画面をタップするだけで
 
後からピントをあわせることができる
という驚愕の機能を持っています!!
 
プロも腰を抜かしてしまう程の
 
「 49種類の異なるフォーカス写真 」
 
を記録する技術がスゴすぎるんです。
 
様々な対象にピントをあわせることが
できるので、特に集合写真には便利ですね。
 
 

アメトーーク家電芸人で紹介したルミックスGX7MK2の特徴

f:id:trend_marketter_eno:20180405025257p:plain
 
2016年モデルのミラーレス一眼としては
正直ファインダーがおまけレベルです、、、
 
発色・ファインダー倍率は
それほど悪くは無いものの、
アイポイントが比較的短いのが残念です。
 
メガネ越しだと
周囲がケラれてしまうため、
 
裸眼でファインダーに
しっかりと近づかなければ
いけませんから。
 
前モデルGX7や上位機となる
GX8と違って”チルト機構”
省略されています。
 
その分ファインダーの出っ張りが
少なくなっているみたいですね。
 
そしてモニターは先代と同じ
くチルト式の液晶モニターです。
 
GF系のように
可動させやすいタイプでは無くて、
 
モニタを引き出すのに
若干手間取ってしまいます。
 
今回は厳密なテスト比較は
していませんが、
 
手持ちのLUMIX機である
DMC-GM1Sと比べると感度が向上してます。
 
ただし、劇的な向上と言うほどではなく、
きめ細かなノイズ処理で粗は目立たないが
ディテールは損なわれてますね、、、
 
写真を撮るならバストアップや
顔のクローズアップで使う分には
”ISO 6400”でも十分キレイに撮れます。
 
ただし、屋外で全身や背景情報を
入れる場合には”解像力”が足りないと
感じちゃいますね
 
 

ルミックスGX7MK2の良いなと感じるポイント

f:id:trend_marketter_eno:20180405025309p:plain
 
比較的コンパクトであり、
 
良好な操作性とカスタマイズ性
はグッドですね。
 
そしてオリンパスには無い
iDレンジコントロールや、
 
オリンパスよりもタッチ操作の
バリエーションが豊富なのは
かなりのプラスポイントです!!
 
画質に関しては旧世代から大きく
向上したとは言えませんが、
 
操作・機能・応答性は
大きく改善されていますね。
 
携帯性の良さと気軽に使う事が
出来るのがミラーレス一眼のメリットです。
 
モデルと言えるカメラですね。
 
ファインダーやフォーカスモードレバー
省略など細かい部分が気になりますが、
 
カスタマイズが豊富にあるため、
ある程度の不満は和らぎます。
 
 
トレンドマーケッターENOより。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA