デニース・ハスキンズとアーロン・クインが狂言誘拐疑惑?リアル版ゴーンガール?

スポンサーリンク



 
f:id:trend_marketter_eno:20180505001513p:plain
トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
2018年3月に、
アメリカ・カリフォルニア州の
裁判結果が地元紙の1面を飾りました。
 
 
「 バレーホ市は250万ドル
  (約3億円)の損害賠償金を
  原告に支払うこと    」
 
 
バレーホ市から多額の賠償金を
勝ち取ったのは、
デニース・ハスキンさん(32)さん
アーロン・クインさん(33)です。
 
 
3年前、全米から疑惑の目を向けられた
狂言誘拐騒動”、
 
リアル版
ゴーン・ガール”の主人公です。
 
 
前代未聞の冤罪被害者となって
しまった2人に一体何が起きたのか。
 
 
それでは早速
レビューしていきます。
 
 
 

デニース・ハスキンズとアーロン・クインが狂言誘拐疑惑

f:id:trend_marketter_eno:20180505001530p:plain
バレーホ市警に通報があったのは、
2013年3月23日、午後1時55分のこと。
 
警察が駆けつけたのは
アーロン・クインの自宅でした。
 
彼が語り出したのは、
かなり奇妙な”誘拐事件”だったのです。
 
 
事件が起きたのは
11時間前の午前3時頃の話。
 
 
恋人・デニースと就寝中に、
ボディスーツを着込んだ男が押し入り、
デニースを連れ去ったとのこと。
 
 
”恋人が誘拐された”と訴える
アーロンだが、その話を聞けば聞くほど
警察は疑念を深めていく、、、
 
 
まるでテレビのような手の込んだ
犯行の一方で、アーロンの手には
携帯電話が残されていた。
 
 
なぜ事件発生から
通報まで11時間もかかったのか、、、
 
 
そして1万5000ドル(約180万円)は
ぶっちゃけ身代金としては安すぎます。
 
 
おまけに犯人は結束バンドを
切断するためのハサミを渡していた。
 
 
そのため捜査官たちは当初から
 
「 アーロンがデニースを
  殺害して死体を遺棄した狂言誘拐 」
 
と睨んでいました。
 
 
 

デニース解放と警察が発表した狂言誘拐

しかし誘拐事件発生から、
54時間後に事態は急展開を迎えます。
 
 
なんと誘拐されたはずの
デニースが姿を現したんですね。
 
 
ちなみに発見されたのは、
デニースの実家でした。
 
 
しかし何かを隠しているような
態度にFBIはずっと不審を抱いてました。
 
 
そして被害者であるデニースが、
なぜか失踪したのです。
 
 
その後、この事件はデニースと
アーロンの自作自演による
狂言誘拐”と断定されました。
 
 
被害者と見られていた美男美女が
狂言誘拐”の犯人だった、、、
 
 
警察の会見を受けてメディアの
報道は一気にヒートアップしました。
 
 
ちなみに大騒動へと拍車をかけたのは、
FBI捜査官が口にした当時の大ヒット映画
ゴーン・ガール”との類似点でした。
 
 
妻が誘拐事件を自作自演し、
夫に殺人の容疑がかかるというストーリーが、
 
この映画とそっくりだったことから
リアル版”ゴーン・ガール”として
そのニュースが報道されたわけです。
 
 
そしてアーロンとでニースは預金も
クレジットカードも警察に差し押さえられ、
 
2人はこれまで築いてきた
すべてのものを失ってしまったわけです。
 
 
 

真犯人マシュー・マラーの逮捕で狂言誘拐は無実

事件発生から2カ月が過ぎたある日、
バレーホ市から70kmほど離れた
アラメダ郡である男が逮捕されました。
 
 
この携帯電話の所有者を辿り、
1人の男が容疑者として浮上し
男を逮捕しました。
 
 
なんとその犯行手口は、
 
「 ボディスーツを着込み住宅に押し入り
  スタンガンと拳銃を突きつけて
  若い女性を連れ去ろうとする、、、 」
 
 
アーロンが証言する
デニース誘拐”と重なる
犯行手口だったわけです。
 
 
そしてすぐにバレーホ市警に連絡して
男の家で見つかった証拠品を見せると、
バレーホ市警は
 
「 なんてこった、、、 」
 
と衝撃を受けたそうです。
 
 
なぜなら警察に”狂言誘拐”と
断定されたデニースとアーロンの無実が
証明されたからです。
 
 
 
デニース誘拐の真犯人は
マシュー・マラー(当時38歳)。
 
 
実は事件発生直後に、警察の不信を買った
デニースとアーロンの行動の裏側には、
すべてはマシューの”脅し”があったのです。
 
 
実はマシューはデニースとアーロンの
個人情報だけでなく、
家族の氏名や住所まで調べ上げて、
 
「 自分のことを警察に
  話せば家族を傷つける 」
 
と脅していたのです。
 
 
 

まとめ

 
その後、デニースとアーロンは、
バレーホ市と市警の広報官、
捜査官を相手取り、
 
名誉毀損や精神的苦痛に対する
損害賠償を求める民事裁判を起こしました。
 
 
そして2018年3月、
裁判所はバレーホ市に対して
”250万ドルの支払い”を命じました。
 
 
事件解決から3年が経過し、
完全なる無実の証明を果たした2人は、
 
世間からの批判を受けた心の傷を癒やす
カウンセリングを受け続けながら、
以前の職に戻ることができました。
 
 
まさに映画のようなこの事件が
無事に解決されて何よりです。
 
 
でも無罪は証明されてもでニースと
アーロンが受けた心の傷は簡単には
癒えません、、、
 
 
SNSやネットが普及した今は
誰でも簡単に情報発信ができますし、
 
何がきっかけで情報が
炎上するかもわかりません。
 
 
そのため特にこういった事件系の
情報はしっかりと情報の裏を取ってから
発信することが重要だと感じました。
 
 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA