小島一朗が東海道新幹線で男女3人を死傷!!自閉症って本当?

スポンサーリンク



トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
東海道新幹線の車内で男女3人が襲われ死傷した事件で、小島一朗容疑者(22歳)が逮捕されました。
 
小島容疑者の生い立ちや、家族の情報がネット上でも出回っており、かなりの危険人物みたいですね。
 
また、”自閉症”であるという情報もあり、犯行動機についても詳しく調査していきます。
 
それでは早速レビューします!!
 
 
 
2018年6月9日の夜、東海道新幹線の車内で男が刃物で乗客を次々と刺し、男性1人が死亡、女性2人がケガをする事件が発生しました。
 
逮捕された小島一朗容疑者(22)の親族が取材に応じており、小島容疑者が普段から”死にたい”と口にしていたと語りました。
 
小島容疑者の祖母のコメント↓
 
「(小島容疑者は)『この世は嫌だ』と『死にたいんだ』『俺は自由に生きたいんだ。それが許されないなら死ぬんだ』とそういう話ばかりしていた」
 
小島容疑者の伯父のコメント↓
 
「今年の1月に出て行った。『俺は旅に出るんだ』と。『俺はこんな所にいてもしょうがない』と」
 
引用:TBS NEWS
 
親族によると、小島容疑者は一時期、松山市の会社で働いていたそうですが、数年前から愛知県岡崎市の祖母の家で暮らしていたとのこと。
 
そして何度も家出を繰り返しており、電話連絡はあるものの1月から家に帰っていなかったということです。
 
 
 

スポンサーリンク




 

小島一朗の詳細

 
【名前】:小島一朗(こじまいちろう)
 
【出身】:愛知県一宮市
 
【住所】:愛知県岡崎市
 
【年齢】:22歳
 
【職業】:無職(自称)
 
【容疑】:殺人未遂の現行犯
 
【供述】:容疑を認める
 
逮捕された小島一朗容疑者は中学時代に精神的な疾患があり、自立支援施設で生活していたそうです。
 
ちなみに、その精神疾患とは”自閉症”とのこと。
 
自立支援施設の代表によれば、
 
「 彼がこんなことをやるなんて全く想像できないです。誰かとケンカすることは一切ない、頭の切れる子でした 」
 
と話しております。
 
どうやら、他人を傷つけるような人間ではなかったということですね。
 
その一方で、中学時代に家庭内では父親をカナヅチや包丁などの刃物で威嚇するような素振りをしたことがあり、取っ組み合いになったこともあったようですよ。
 
 
 

小島一朗の事件の動機と計画性はあったの?

犯行動機について小島一朗容疑者は、
 
「 むしゃくしゃしてやった、誰でもいいから殺そうと思った 」
 
と供述し容疑を認めています。
 
ちなみに、小島容疑者は電車内に刃物を2本持ち込んでおり、新横浜を出発した直後に犯行に及ぶなど、極めて緻密な計画性があったと思われます。
 
そして、供述の通り被害にあった相手とは面識が一切なく、最初から無差別に殺人を犯そうとしていたことがわかりますね。
 
 
 

スポンサーリンク




 

小島一朗の生い立ちと高校は?自閉症って本当?

小島一郎容疑者は中学2年生の頃に、”自閉症”であると診断されており、家庭内では父親に刃物やカナヅチで威嚇する様子もあったということです。
 
そして、一宮市に住む容疑者の父親は水筒が欲しいというので、中古の水筒を与えたら
 

「 なんで中古の水筒なんだ!! 」

 

と言って刃物を持って私の方へやってきた。
 
取り押さえて警察が来るのを待った。
思ったことは曲げない、などと話していました。
 
引用:CBCテレビ
 
そのため折り合いの悪い両親と引き離すために、伯父の家で暮らすようになり2階の部屋に引きこもってパソコンを触る生活をずっとしており、”神社や歴史”の本をずっと読んで過ごしていたみたいですね。
 
そして、定時制高校から職業訓練校を経て、埼玉県内の会社に就職はしたものの、
 
「 人間関係が合わない、、、 」
 
という理由でわずか1年で退職してしまったみたいです。
 
その後も職を転々としながら、治療のために4ヶ月間入院することもあったのだとか。
 
その後は祖母の養子となり、愛知県岡崎市で生活していましたが、何度も家出を繰り返し、
 
「 俺なんて価値のない人間だ。自殺したい 」
 
「 旅に出る、自由に行きたい 」
 
などといって2017年12月からは自宅に戻っていなかったとのこと。
 
ちなみに、小島一朗容疑者の部屋からは、
 
「人生においてやり残したこと、冬の雪山での自殺 」
 
などと書いたメモが発見されていました。
 
そして、父親とは2年ほども会っていなかったみたいです。
 
小島一朗容疑者の父親は取材に対して、
 

「 取り返しのつかないことをしてしまって申し訳ありませんでした。

今後につきましては、小島一朗(容疑者)ができる償いを彼にできる限り、心からの人生をそれを償うように生きてほしい 」

 
引用:日テレNEWS
 
謝罪はしながらも、その話し方はどこか他人事みたいに感じてしまいますね、、、
 
実の父親や親族も小島一朗容疑者にはかなり手を焼いていたみたいですね。
 
 
 

小島一朗の被害者について

 
今回の事件で被害に遭った方はどのような人なのでしょうか?
 
報道によると、事件の被害者は3人いて、男性が1人女性が2人だということです。
 
そして残念なことに、30代の男性は死亡が確認されており、大阪市内で働く会社員とのこと。
 
女性は26歳と27歳であり、腕や首を切られるなど重傷ではありますが、意識はあり、命に別状はないとのことです。
 
目撃者の情報では当初、女性が小島一朗容疑者に狙われ切りつけられたそうです。
 
そして、会社員の男性が”やめろ!!”と小島容疑者を羽交い締めにて取り押さえようとしたそうですが、反撃にあってしまい、馬乗りにされ何度も切りつけられたとのこと。
 
小島一朗容疑者は叫び声などは上げずに、無言で切りつけていたようで、異様な光景だったと目撃者はコメントしています。
 
男性の勇気ある行動には敬意を表し、ご冥福をお祈りします。
 
 
 

スポンサーリンク




 

ネットの声

 
 
 
 

小島一郎が起こした事件のまとめ

 
22歳の青年が男女3人を死傷させてしまうというなんとも残忍な事件が発生してしまいました。
 
こういう事件に共通しているのが、加害者の”異常な精神状態”というものがあります。
 
今回の小島一朗容疑者に関して言えば、”自閉症”ですよね。
 
おそらく小島一朗容疑者にとって一番よくなかったのは彼の”良き理解者”がいなかったことだと思います。
 
人間は一人では絶対に生きてはいけませんし、今はネットさえ繋がればSNS等で世界中のいろんな人と繋がることができます。
 
小島一朗容疑者も良き理解者がいれば、ストレスのはけ口ができたのではと思います。
 
 
 

【 関連記事 】

 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA