岡本顕一郎(Hagex)を殺害した松本英光(低能先生)の顔画像!!動機も徹底調査!!

スポンサーリンク



トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
福岡市中央区の旧大名小学校でプロブロガーであるHagexこと岡本顕一郎さんが殺害される事件が発生しました。
 
そして、殺害容疑で逮捕された松本英光容疑者はネット上で”低能先生”と呼ばれていた人物だったことが判明しています。
 
顔画像やネット上に公開されている情報を徹底的に調査しました。
 
それでは早速レビューします!!
 
 
 

 
福岡市内で実施されたIT関係セミナーの男性講師を刺殺したとして、福岡県警は2018年6月25日、福岡市東区筥松1丁目の無職、松本英光容疑者(42)を殺人と銃刀法違反の疑いで逮捕しました。
 
ちなみに松本容疑者は、
 
「 ネット上(のやりとり)で恨んでいた男性を死なせてやろうと思い、腹と首を刺した 」
 
と供述しています。
 
県警によれば、松本容疑者は24日午後8時ごろ、福岡市中央区大名2丁目の旧大名小学校跡地の起業家支援施設において、インターネットセキュリティー関連会社”スプラウト”の社員、岡本顕一郎さん(41)をナイフで数回突き刺して殺した疑いがあります。
 
ちなみに、この施設では同日午後5時半からIT関係のセミナーが開かれており、岡本さんが講師を務めていました。
 
そしてセミナー終了直後に、施設内で待ち伏せしていた松本容疑者が、トイレに入った岡本さんを襲って殺害したとのこと。
 
警察は2人はネット上の関わりしかなく、直接の面識はなかったとみています。
 
事件当時、施設管理者が、
 
「 救急車を呼んでくれ!! 」
 
という声を聞いてトイレに向かうと、血だらけの岡本さんと、松本容疑者が出てきたそうです。
 
管理者が必死になって追いかけたが、松本容疑者は自転車で逃走しました。
 
そして事件発生から約3時間後に、松本容疑者が福岡市東区内の交番に出頭し、
 
「 人を刺した、、、 」
 
と自白したという。
 
その時、バッグの中に血のついたナイフが入っており、県警が事情を聴いていた。
 
関係者の話によれば、岡本さんはセキュリティー情報誌”ハッカージャパン”の編集者を担当した後、”スプラウト”でブログメディアの編集長を務めていました。
 
そして、ブログメディアでは、雑誌時代の人脈をフルに活用し、国内外で起きた最新のサイバー攻撃の実情や、他メディアでは報じられないような”ブラックハッカー”の生態リポートを手がけてかなり話題になっていました。
 
岡本さんの知人男性は、
 
「 いつも丁寧に仕事をする人で、みなに信頼されている人だった。正義感も強く、何事にも毅然と対応する強気な一面もあった。ブログの記述などで恨みでも買ったのだろうか。そんな性格が今回の事件に繋がっていたとすれば、本当に言葉もない 」
 
と話した。
 
 
 

スポンサーリンク




 

松本英光のプロフィール

 
【名前】:松本英光(まつもとひでみつ)
 
【年齢】:42歳
 
【住所】:福岡県福岡市東区筥松1丁目
 
【職業】:無職
 
【容疑】:岡本顕一郎さんをナイフで首や腹などを刺し殺人と銃刀法違反の容疑
 
【供述】:ネット上で恨んでいたと容疑を認める
 
Facebook、Twitter、インスタなどのSNSも調べてみましたが、犯人のものだと特定できるものはありませんでした、、、
 
ちなみに、岡本顕一郎さんと松本英光容疑者に面識はなかったということですが、松本容疑者は岡本さんにかなり強い恨みを持っていたみたいです。
 
それはネット上で馬鹿にされるようなニックネームを付けられたことが発端だったとのこと、、、
 
 
 

岡本顕一郎(Hagex)さんについて

 
【名前】:岡本顕一郎(おかもとけんいちろう)
 
【生年月日】:1976年生まれ
 
【年齢】:41歳
 
【出身地】:福岡県
 
【住所】:東京都江東区東雲2
 
【職業】:IT企業”スプラウト”会社員、IT講師
 
セキュリティ雑誌”ハッカージャパン”の編集者を経て2014年にIT企業”スプラウト”の立ち上げに参加。
 
ダークウェブなどの最新のサイバー犯罪の調査を行い、IT講師としても活動。
 
人気プロブロガー”Hagex”さんだったことも一部では知られていたようです。
 
 
 

スポンサーリンク




 

岡本顕一郎(Hagex)殺害の動機は?

松本英光容疑者はなぜ岡本顕一郎さんを殺害したのか。
 
このことに関してネット上に松本容疑者が公開したと思われる書き込みが話題になっていますね。
 
その書き込みがこちらです↑
 
この書き込みがあった時間と松本英光が出頭した時間が時系列で、ほぼ一致していることが確認されていますから。
 
内容も相手が42歳であること。
 
「 力尽きた 」
 
と殺害を示唆する内容です。
 
さらに、岡本顕一郎さんがHagexとしてネット上でぶつかっていた人物が”低能先生”とバカにされていたことが分かっており、この書き込みの人物が松本英光容疑者だとほぼ確定しています。
 
 
 
 

岡本顕一郎(Hagex)殺害の事件現場

 
今回の事件現場は”福岡市中央区大名2丁目”旧大名小学校の創業支援施設だと報道されています。
 
この場所をグーグルマップで確認してみました。
 
ちなみに、この施設は”福岡グロースネクスト”という名称であり、起業して間もない企業の支援を目的とした施設みたいですね。
 
格安で借りられる小規模のオフィスや、共同スペースなどがあって、約170社、個人が入居していますから。
 
2階と3階は関係者しか入れませんが、1階にはカフェやバー、イベントスペースなどがあって、誰でも出入りできるようになっています。
 
ちなみに、今回の岡本顕一郎(Hagex)殺害さん事件を受けて、福岡市は一時閉館を決めており、再開の日時については現状は不明となっています。
 
 
 
 

スポンサーリンク




 

岡本顕一郎(Hagex)殺害のネットの声

 
 
 
 

関連記事

 
 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA