インフルエンザB型が2018年も大流行!!熱が出る?ワクチンあるの?

スポンサーリンク



f:id:trend_marketter_eno:20180131010810p:plain

トレンドマーケッターENOです。

 
 
 
2018年の今、
”インフルエンザB型”
猛威を振るっています。
 
 
 
2018年1月26日に
発表した最新データによると、
 
全国の病院から報告された
インフルエンザ患者の数は
1機関あたり51.93人と、
 
前の週(26.44人)から
なんと2倍近くに急増しています。
 
 
 
これは1999年の調査開始以来、
過去最多のデータなんだそうです。
 
 
 
さらに
今シーズンの特徴として、
例年の同時期に比べ、
 
”インフルエンザB型”の
広がりが早いことが
注目されています。
 
 
 
ではこの
”インフルエンザB型”とは
 
一体どんなものなのか
あなたはご存知でしょうか?
 
 
 
ちなみにネットで
 
「 インフルエンザ B型 」
 
と検索すると
色々な情報が見つかりますが、
 
情報元がはっきりと
明記されていないものがほとんどで、
 
信頼できる情報なのか
ぶっちゃけよくわかりません(笑)
 
 
 
そこで、
”インフルエンザB型”について
いま知っておきたい素朴な疑問を
 
信頼できそうな裏付けのある
情報から調べてみたので報告しますね
 
 
 
 

そもそもインフルエンザB型とは?

f:id:trend_marketter_eno:20180131010820p:plain

 

 
厚生労働省”によるパンフレット
 
「 インフルエンザの基礎知識 」
 
によると、
人間のインフルエンザの
原因となるウイルスは、
 
A型・B型・C型の
3種類に分類されるそうです。
 
 
 
そして特に”A型”と”B型”が、
大きな流行の原因になります。
 
 
 
ちなみに人間の体には、
ウイルスから身を守る為に
 
「 免疫 」
 
というシステムが備わっています。
 
 
 
A型とB型は、
その免疫が働く時に重要な
 
「 抗原 」
 
という場所の特徴が異なってます。
 
 
 
ですので、
A型とB型が同時に流行している
現在のような状況だと、
 
一度A型のインフルエンザに
かかったとしても、
 
次にB型のウイルスに感染した場合、
免疫システムの対応が遅れてしまい、
再度強い症状が出てしまうことがあります。
 
 
 

熱が出にくい、下痢がヒドイって噂は本当?

f:id:trend_marketter_eno:20180131010914p:plain

 

 
インターネットで
 
「 インフルエンザB型 」
 
と検索すると、
 
 
A型と比べて熱が出にくい
 
 
下痢が多い、、、等
 
 
などの情報が多く見つかります。
 
 
 
ただ2013年に発表された、
”インフルエンザB型”に関する
世界中の研究をまとめた論文によると、
 
「 A型とB型で症状や
  重症度にほとんど違いはない 」
 
とはっきり書かれています。
 
 
 
また2015年に発表された論文でも、
 
「 A型とB型で臨床的な
  症状の特徴は変わらない 」
 
と明記されていますから。
 
 
 
そもそもA型に感染したとしても
熱が出ないことはありますし、
下痢が起きることもあります。
 
ですので症状の違いについて、
あまり気にしすぎる必要は
ないのかもしれませんね(笑)
 
 
 

ワクチンはちゃんと効く?

f:id:trend_marketter_eno:20180131010934p:plain

 

A型とB型で性質が違うとすると、
 
「 ワクチンを打ったとしても
  ぶっちゃけ効果ないんじゃないの? 」
 
と心配になりますが、
現在のインフルエンザワクチンは
なんとB型もカバーしています!!
 
 
 
ちなみにインフルエンザB型には、
大きく分けて2つの系統
(山形系統/ビクトリア系統)が
あるのですが、
 
実は以前のワクチンは、
そのうち1つしか効果がなかったんですね。
 
 
 
しかし2年ほど前から
新しいタイプのワクチンが登場し、
 
現在のワクチンはAとBの両方を
カバーするようになっています!!
 
 
 

予防策としては何が有効なのか?

f:id:trend_marketter_eno:20180131010957p:plain

 

”インフルエンザB型”に対して、
有効な予防対策はあるのでしょうか?
 
 
 
厚生労働省のほか、
アメリカCDC、イギリスNHSが
公表している情報を確認したところ、
 
特にB型のみに推奨されている
予防対策というのはありませんでした
 
 
 
ちなみにA型・B型に関係なく、
インフルエンザの予防として
 
一般的に推奨されている対策を
行うのが良いみたいなんですね。
 
インフルエンザQ&Aによると、
以下の対策が推奨されています。
 
 

【 流行前の対策 】

 
 ・インフルエンザワクチンを接種
 
 

【 流行時の対策 】

 
 ・咳エチケットの励行
 
 ・外出後の手洗い等
 
 ・適度な湿度の保持
 
 ・十分な休養とバランスのとれた栄養
 
 ・人混みや繁華街への外出を控える
 
 
 
 
今日は、
 
「 インフルエンザB型 」
 
の情報について
詳しくまとめてみました。
 
 
 
まだまだ寒い日が続くので、
あなたもインフルエンザに
かからないように、
 
家に帰ったら、
”うがい”と”手洗い”
を徹底して予防してくださいね!!
 
 
 
 
トレンドマーケッターENOより。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA