ひょっこりはんが著作権違反でMusMus(ムズムズ)管理人と大炎上!!

スポンサーリンク



トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
吉本興業の人気お笑い芸人である”ひょっこりはん”が、音楽素材サイトの音楽をなんと無断使用していたことが判明しました。
 
音楽素材サイト管理人のご厚意によって、
後追いで規約に準じていただければ良い
とひょっこりはん側に伝えてはいるものの、楽曲が改変されて販売されていることが判明。
 
インターネット上で今大炎上しています。
 
それでは早速レビューしていきます。
 
 
 
 
ひょっこりはんに対して、ブチギレているのは、人気の音楽素材サイト”MusMus(ムズムズ)”の管理人です。
 
このサイトで公開されていた音楽を規約違反のまま使用し続けていたひょっこりはんの悪行をサイト管理人がネット上で暴露したので、ネットで大炎上してしまいました。
 
 
 

スポンサーリンク




 

MusMus(ムズムズ)管理人が公開した騒動の時系

2017年以前 当サイトの楽曲の使用が始まる
2018年4月初旬 規約違反動画について日清食品に確認、2次配布されていることが判明
2018年4月初旬 芸人側とコンタクト、後追いで規約に準じていただければ良い旨伝える
2018年5月末 楽曲が改変されて販売されていることに気づく
2018年5月末 上記抗議と販売停止を依頼
2018年5月31日 抗議から1週間何も進展なし
 
まさか連日テレビで大活躍しているひょっこりはんがBGMの著作権問題でこんな事態になっているなんて誰も想像していなかったでしょうね。
 
 
 

MusMus(ムズムズ)管理人が暴露したひょっこりはんの3つの問題点とは?

  1. 著作権表記をしていない
  2.  著作権表記をしない場合の利用料を支払っていない
  3. 他の企業などに”フリー音源”として二次配布を行った
つまり、
  • 著作権のある音源を勝手に無料で使用していたこと
  • 第三者に対して無料で音源提供したこと
がマズかったということですね、、、
 
 
 

スポンサーリンク




 

MusMus(ムズムズ)管理人のコメント

 
そもそも、”音源の二次配布”は違反の中でも被害が大きいとても悪質なものと考えているとのこと。
 
それでも、きちんと対応いただければ”不問”にするということなので、懐が大きいですよね。
 
しかし、楽曲改変・無許可販売はその管理人の思いを足蹴にされたということなので、非常にショックを受けているみたいです。
 
そして、吉本興業のような大企業なので著作権関連の強力な顧問がついていることは間違いないでしょう。
 
つまり、MusMus(ムズムズ)サイト管理人のような個人が訴訟を起こしてたとしても結果は見えているわけです、、、
 
 
 

ネットの声

 
 
 
 

まとめ

 
個人的には去年の年末にテレビで初めて”ひょっこりはん”を見てから、この人はこれからブレイクするだろうなとずっと思ってました。
 
今ではCMやいろんなバラエティ番組でひょっこりはんを見かけるようになりましたよね。
 
でも、まさかひょっこりはんがテレビで大活躍している裏でBGMの著作権問題で炎上しているなんて思いましませんでした。
 
そして、MusMus(ムズムズ)管理人は、いくら正論で戦ったとしても吉本興業のような大企業の顧問や弁護士相手では”泣き”を見ることは明白です。
 
そして、真っ向に立ち向かったとしても勝ち目はないと考えた挙句、インターネット上で実情を訴えたということですね。
 
はたして、ひょっこりはんは誠意ある対応をとってくれるのでしょうか、、、
 
ひょっとしたら、ある日突然ひょっこりはんのBGMが変わっていたなんてことが起こるかもしれませんね(笑)
 
 
 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA