花粉症でせき、たん、喉の痛みを和らげる?改善方法を紹介!!

スポンサーリンク



 
 

f:id:trend_marketter_eno:20180205000353p:plain
 
トレンドマーケッターENOです。
 
 
花粉症の症状は人それぞれですが、
一般的には、
 
くしゃみ
鼻水
鼻づまり
目のかゆみ、、、等
 
が多いと思います。
 
しかし実際の花粉症の症状としては、
 
鼻が詰まって口呼吸が多くなるので
喉が乾燥してイガイガしたり、
 
無意識に目を擦って”結膜炎”になったり、
 
それらが原因で”睡眠不足”になったり
 
急な頭痛が起こったり、
 
イライラが溜まったりと、
 
こういった”二次症状”
引き起こされる事も多く、
 
中には鬱状態になって
しまう場合もあるみたいですから。
 
また、飛散する花粉の量に応じて
症状が重くなるというよりは、
 
軽い症状を繰り返す事で慢性化してしまい、
重症化するケースもあるため、
 
「 なるべく症状が軽いうちに病院へ
  行って適切な治療をする    」
 
事が重要です。
 
とは言うものの、花粉症は風邪に似た
症状なので、なかなか病院へ行こうと
思えないのも現状かもしれませんね。
 
勿論、病院へ行くのが最善なのですが、
つらい花粉症の症状を少しでも
抑える方法があれば知りたいですよね。
 
今日は、
 
「 花粉症でせき、たん、喉の痛みを
  和らげる?改善方法を紹介!!  」
 
についてお話していきますね。
 
 

花粉症のせき、たん、のどの痛みの原因って何?

f:id:trend_marketter_eno:20180205000415p:plain

 

花粉症になると、咳やたん、のどの痛みを
訴える方がとても多いですが、
 
その原因として考えられるのが
”鼻水”だってあなたは知ってましたか?
 
鼻水は飛散した花粉が鼻から入って、
それを異物と認識した免疫が機能が
 
体外へ押し出そうとする
働きの結果起こるのですが、
 
この鼻水が喉に伝わることで、
”たん”を誘発しているわけです。
 
また”のど”の場合は、このたんを
押し出そうと強く咳き込む事で
痛みが出てしまうわけなんですね。
 
そして鼻が詰まる事で口呼吸が
多くなるため喉が乾燥したり、
 
口から入った花粉がのどで
アレルギー症状を引き起こしている
可能性もありますから。
 
 

花粉症のせきとたんの改善方法を紹介

 

f:id:trend_marketter_eno:20180205000431p:plain
せきやたんを止めるためには、
 
「 とにかく乾燥を防ぐ 」
 
事が一番なんです。
 
ですので”加湿器”を使ったり、
”マスク”をするのが効果的ですが、
 
さらに手軽に出来る方法として
 
「 水分をこまめに摂る 」
 
のが一番効果的ですから。
 
水分を摂る事でのどに絡んでいた
たんが出やすくなると言われていますが、
 
コップ一杯の水を一時間おきに
ガブガブ飲むより、
 
30分に一度喉を湿らす程度に水を
飲む方がより効果があると言われています。
 
 

花粉症の喉の痛みの改善方法を紹介

f:id:trend_marketter_eno:20180205000446p:plain

 

のどの痛みの多くは”乾燥”に
よるものだと言われています。
 
ですので、
まずは”乾燥対策”が大事になります。
 
”加湿器”や”マスク”は当然ですが、
外出から帰ってきたらすぐに
”うがい”を徹底してやりましょう
 
また、ピンポイントで
湿度を高めたい時は、
 
「 枕元にお湯を張った洗面器や
  濡れタオルを置く     」
 
のも効果的ですから。
 
その他にも”ユーカリ”や
”ペパーミント”といった
 
鼻づまりに効果があると
言われている”アロマオイル”
垂らすのも効果的ですね。
 
 
 
花粉症の季節になると
ネガティブになる人が多いと思いますが、
 
症状を和らげる方法を知っているだけで
少し安心出来ますよね。
 
今年は少しでもあなたの心身の負担が
軽減されて、花粉症の症状が良くなる
事を願っています。
 
 
 
トレンドマーケッターENOより。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA