札幌市白石区で有賀健一さんをひき逃げ?佐々木司容疑者が逮捕!!

スポンサーリンク



 
f:id:trend_marketter_eno:20180307235326p:plain
 
トレンドマーケッターENOです。
 
札幌市白石区で40歳の男性が
ひき逃げされて死亡した事件
発生してしまいました。
 
それでは早速
レビューしていきます。
 
【 よく読まれている記事 】
 

佐々木司容疑者はブレーキをかけなかった?

f:id:trend_marketter_eno:20180307235340p:plain
 
実は逮捕された佐々木司容疑者は
ブレーキをかけずに男性をはねた
可能性があることがわかりました。
 
白石区の自称土木作業員である
佐々木司(32)容疑者は3月5日午前1時前、
 
白石区国道12号線で横断歩道を
渡っていた有賀健一さん(40)をはねて
 
死亡させ逃げた疑いで
3月7日の朝に送検されました
 
この事件に対して
佐々木容疑者は、
 
「 事故を起こしたかもしれないが
  人だと思わなかった     」

 

 
 
と一部の容疑を否認しています。
 
ちなみに警察の調査によると、
現場にブレーキ痕がないため、
 
「 佐々木容疑者はブレーキを
  かけずに有賀さんをはねた 」
 
と考えられていますね。
 
さらに佐々木容疑者の呼気からは
”アルコール”が検出されましたが、
佐々木容疑者は、
 
「 中央区の友人の家から
  自宅に戻った後酒を飲んだ 」
 
と話しているみたいですね。
 
これに伴い警察は事件前後の
行動について調査をしています。
 
 

車の事故を未然に防ぐには?

f:id:trend_marketter_eno:20180307235354p:plain
 
どんなに運転に気をつけていても
事故が発生してしまいます。
 
それでも少しでも事故の可能性を
低くして防ぎたいものですよね?
 
ここからは
”事故を未然に防ぐ方法”
について紹介します。
 
・車間距離を長めにとる
 
長めに車間距離をとることで、
予期せぬ急ブレーキなどに
対応できるようになるわけですね。
 
もちろん車というのは、
1台1台性能がまったく異なりますから。
 
たとえ同じ速度で走行して同じ
タイミングでブレーキを踏んだとしても、
 
止まるまでにかかる
距離や時間は異なるわけです。
 
ですので追突事故を防ぐには
”車間距離の長さ”が大切です。
 
・暗くなる前にヘッドライトをつける
 
車を長時間運転する人たちは、
日中もヘッドライトをつけて、
 
少しでも事故に巻き込まれる
可能性を減らしているそうです。
 
・1時間以上の長時間運転はしない
 
長距離を運転するなら
こまめに休憩をとって、
 
疲れを溜め込まないように
心がけてましょう。
 
・体調不良、寝不足、
 イライラしている状態などで運転しない
 
安全に車を運転するには、
落ち着いて冷静な判断ができる
心と身体が必要です。
 
そのため体調不良やストレスが
溜まっていると、
 
判断能力が鈍ったり自分勝手な
運転になってしまい、重大事故を
引き起こす原因になります。
 
ちょっとでも体調が悪いと感じたら、
必ず自分なりのリフレッシュを
するように心がけましょう。
 
・渋滞が多い時期は、
 時間に余裕を持って行動する
 
無理なスケジュールは組まずに、
時間に余裕を持たせて行動しましょう。
 
特に遠方に出かける場合は、
日中にたっぷりと睡眠をとってから、
 
時には交通量の減る”深夜帯”に
移動するのもアリかもしれないですね。
 
 

まとめ

f:id:trend_marketter_eno:20180307235408p:plain
 
自分自身も仕事で車を
運転することが多いのですが、
 
絶対に人間だけとは
事故を起こさないと
気を引き締めて運転しています。
 
なぜならたとえものを壊して
しまったとしても、
 
お金と時間をかければ
直すことができますが、
 
人の命は絶対に
元に戻らないからです。
 
車は大変便利な乗り物ですが、
使い方を間違えると人を殺める
 
凶器になってしまうことを
改めてよく認識しなければいけないと
思いました。
 
 
トレンドマーケッターENOより。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA