花粉症って5〜6月も続く?その原因、種類、対策を徹底解説!!

スポンサーリンク



f:id:trend_marketter_eno:20180205014404p:plain

 

トレンドマーケッターENOです。
 
ひょっとしたら
あなたは今、
 
目が痒くて辛い
鼻水が一向に止まらない
何度も何度もくしゃみが出る
 
っていう症状に悩まされてませんか?
 
このような症状が
一週間や二週間と続くと
 
「 ひょっとしたら
  花粉症かもしれない、、、 」
 
って頭をよぎりますよね。
 
今や”花粉症”は国民病とも言われ、
約2,500万人もの方が発症しています。
 
そして花粉症は上記の症状がさらに
ひどくなると鼻水が溜まって副鼻腔炎
起こしたり、頭痛、不眠へと繋がって
しまうわけです。
 
さらに深刻になると、
集中力がなくなり鬱病のような
状態にまでなってしまいます。
 
ですので、
 
「 花粉症くらい
  どうってことないっしょ(笑) 」
 
と自己判断するのは
絶対に止めた方が良いと思います。
 
上記のような症状が長く続く場合や
一向に改善されない時は、
 
一刻も早く病院に行って適切な
治療を受ける事をオススメします
 
よく勘違いされやすいのが、
 
「 花粉症は2月から
  4月くらいに起こりやすい症状 」
 
って思っていません?
 
実は5月から6月になっても、
同じような症状があれば
それは”花粉症”かもしれませんよ。
 
今日は、
 
「 花粉症って5〜6月も続く?
  その原因、種類、対策を徹底解説!! 」
 
について解説していきますね。
 

花粉症の種類と原因って何なの?

 

f:id:trend_marketter_eno:20180205014423p:plain
”花粉症”を引き起こす原因として
よく知られているのは”スギ花粉”
ですよね。
 
実際に日本人の約8割が
この”スギ花粉”によって花粉症を
発症していると言われていますから。
 
そしてスギ花粉が一気に飛散し始める
”2〜4月頃”は花粉症患者が急に増える
時期でもあります。
 
でも実際には”スギ花粉以外の原因”で
花粉症を発症している方もいるわけです。
 
花粉症とよく似た症状が出ているけど、
その時期が5〜6月頃だと、
 
「 ”スギ花粉”はもう終わっているし
  自分は花粉症じゃないでしょ  」
 
って思うかもしれませんね。
 
でも実は花粉症を引き起こす原因は
 
「 植物だけでも50~80種類がある 」
 
と言われていて、その時期であれば
シラカバ、ヒノキやブタクサ、カモガヤ
なども原因として考えられますから。
 
 

花粉症ってどんな症状が出るの?

f:id:trend_marketter_eno:20180205014433p:plain

 

2〜4月のスギ花粉と同様に、
5月~6月の花粉症でも、
 
鼻水や鼻づまり
くしゃみ
目の痒み
 
などが主な症状なんですね。
 
しかし”シラカバ花粉”
原因の花粉症の患者の方で、
 
りんごやいちご、柿、プラム、
メロン、梨、桃などの果物を食べると
 
口の中が痒くなる”果物過敏症”
発症すると言われています。
 
また、”カモガヤなどのイネ科の植物”
が原因の花粉症の場合は、
 
花粉の飛散時期が比較的長くどこにでも
生えているため、症状が長期に渡って
出やすいという特徴がありますから。
 
さらに、イネ科の植物が原因の花粉症の
場合は、咳がなかなか治まらずに
 
そのまま”花粉喘息”になってしまう
ケースもあるため本当に注意が必要です。
 
 

花粉症ってそもそも”何科”に行けばいいの?

f:id:trend_marketter_eno:20180205014443p:plain

 

最近は花粉症に限らず
”アレルギー性”
疾患になる方が多いため、
 
総合病院には”アレルギー科”が
あるところも増えています。
 
ですので、
 
「 ひょっとして、花粉症かも、、、 」
 
と思ったら”アレルギー科”に
相談するのが良いと思います
 
もしアレルギー科が近くになければ、
 
鼻や喉の症状が強く出ていれば
”耳鼻科”や”耳鼻咽頭科”
 
目が痒いのが辛いなら
”眼科”を受診するようにしましょう。
 
さらにそれらの科が家の近くに
ないのなら”内科”でも構いません。
 
 
今日は、
 
「 花粉症って5〜6月も続く?
  その原因、種類、対策を徹底解説!! 」
 
についてお話しました。
 
 
花粉症を引き起こす原因は
スギ花粉だけではないことが
わかってもらえたと思います。
 
花粉症の時期と言われる2〜4月
以外だったとしても、
 
鼻水やくしゃみ、目が痒いなどの
症状が続くようだったら、
 
”花粉症”を疑って必ず病院へ
行くことをオススメします。
 
 
 
 
トレンドマーケッターENOより。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA