ゴールデンウィークの穴場はココ!!東京の日帰りスポット5選!!

スポンサーリンク



 

f:id:trend_marketter_eno:20180203014805p:plain
 
 
 
トレンドマーケッターENOです。
 
 
 

2018年のゴールデンウィークはどんな感じ?

f:id:trend_marketter_eno:20180203015214p:plain

 

4月28日(土)から5月6日(日)の
9日間が一般的な期間です。
 
ちなみに祝日ではない
5月1日(火)と2日(水)は、
仕事の人も多いかもしれませんね。
 
その場合は週末3日間プラス
4連休の組み合わせにです。
 
恐らく5月3日(木)からの4連休は、
どこに出かけても高速道路が
どエライ渋滞になると予想してます(笑)
 

日帰りで行けるゴールデンウィークにオススメの穴場ってあるの?

f:id:trend_marketter_eno:20180203015232p:plain

 

ほとんどの人が”泊りがけで遠くに旅行”
に行くことが多いと思うんですね。
 
「 行きの高速道路の渋滞で
  すでにクタクタになり、
  行った先でも混雑で疲れ果てた、、、 」
 
っていうのはよく聞く話ですから。
 
ですのでむしろ逆に
 
「 人々が東京を離れる
  東京の穴場で楽しんじゃう!! 」
 
っていう”逆転の発想”は
どうでしょうか?
 
もちろん、
 
ディズニーリゾート
 
スカイツリー、、、など
 
のように超有名な場所は、
地方から東京に出かけてくる人たちで
鬼混みになりますから、
 
やはり”穴場”を狙うのが鉄板ですね。
 
 
ですので東京在住20年である
東京大ベテランの僕がオススメする、
 
  東京の穴場スポット5選  」
 
をご紹介したいと思います。
  

1 江ノ島

f:id:trend_marketter_eno:20180203015251p:plain

 

江ノ島は神奈川県なので
厳密には東京都ではありません(笑)
 
でも”日帰りで楽しめる場所”
としてぜひオススメしたいので、
ご紹介させてください!!
 
江ノ島”は行ったことが
ある人はかなり多いと思うのですが、
 
江ノ島の反対側”
まで行ったことがある人は
あまりいないと思います。
 
実は、
小田急線の江ノ島駅”を降りて
桟橋を渡って江ノ島に入って行くと、
 
道の両側に土産物屋やまんじゅう屋、
生しらすを楽しめる食堂などが
広がっているんですね。
 
そしてその先には、
エスカレータ乗り場があり、
島の頂上にある
 
「 江ノ島シーキャンドル(展望灯台 」
 
へと繋がっているんです。
 
さらにそこから島の反対側へ
下っていくと、
 
「 江ノ島岩屋洞窟 」
 
があるんです。
 
これは本当に江ノ島の反対側なんですね。
 
ちなみに
 
「 江ノ島岩屋洞窟 」
 
へと続く階段は結構急なので、
昇り降りするだけで
かなり良い運動になりますから(笑)
 
もし楽をして、
 
「 江ノ島岩屋洞窟 」
 
に行きたい方は、
”遊覧船”を使うのがオススメです!!
 
ちなみに遊覧船
”べんてん丸”であれば、
 
約10分程で
江ノ島岩屋洞窟”に到着します。
  

2 東京タワー

 

f:id:trend_marketter_eno:20180203015351p:plain
今ではスカイツリーも方が人気なので、
すっかり影が薄くなっちゃってますが、
東京タワーだって東京のシンボルですから
 
ちなみに僕のオススメは、
 
「 約600段の外階段を
  展望台へと登っていくコース 」
 
ですね。
 
”600段”と聞くと、
ちょっとキツイかもって
思うかもしれませんが、
 
意外と30分位かければ
誰でも登れちゃいますからね
 
つい先日行った時は、
”幼稚園児くらいの男の子”が
あっさり登りきっていました。
 
一段一段自分で階段を上がるに連れて、
だんだん地面が遠くなっていき、
 
スケスケの金網越しに
景色が見えるので、
本当にスリルは満点です(笑)
 
しかも東京タワーには
大人気アニメ”ワンピース”
アミューズメント施設があり、
 
この場所でしか買えない
”限定レアグッズ”も販売されています。
 
そして大人のカップルに
ぜひオススメしたいのが、
東京タワーのほぼ真下にある、
 
「 とうふ屋 うかい 」
 
本当に東京とは思えないほどの緑に
囲まれた料亭なのですが、
 
”豆腐の懐石料理”なのでランチだと
6000円~7500円くらいの値段で、
ゆったりとした時間を過ごせますから。
  
f:id:trend_marketter_eno:20180203015455p:plain

 

そして”浅草”
次のオススメエリアです。
 
浅草も古臭いイメージがあるせいか、
あえてデートコースに入れる人は
少ないかもしれませんが、
 
実際に行ってみると
意外と斬新な感じで良い所なんです。
 
「 古臭い = イケてない感じ 」
 
って思いがちですが、
浅草の場合はそれが一周回って
 
その古さが逆に
最先端に感じてしまいますね(笑)
 
番傘のミニチュアや、草餅団子、
軒を赤く装飾した仲見世街など、
浅草ならではのものも多いです。
 
お台場から
”観光汽船 ヒミコ”で浅草に来ると、
 
ジブリ映画の
千と千尋の神隠し”みたいに、
 
現代から、過去に
タイムスリップしたような
不思議な気分になります。
  

4 お台場クルーズ

 

f:id:trend_marketter_eno:20180203015534p:plain
そして4番めのオススメは
 
「 お台場クルーズ 」
 
ですね。
 
恐らく多くの人が
デートやショッピングで
 
お台場に1度くらいは足を
運んだことがあるかと思いますが、
 
”クルーズ船”に乗ったことが
ある人は少ないのではないでしょうか?
 
ちなみにお台場デックスの
前に広がる砂浜の一角に
設置されている桟橋から、
 
”クルーズ船”が多く出航しています。
 
そして、
お台場発着の周遊コースで、
 
「 葛西・お台場エリア 」
 
 
「 日本橋周辺をまわるカワセミ 」
 
コースの2種類があるんですね。
 
あとお台場から浅草まで行く
水上バスのコースも有り、
 
特に僕がおすすめなのが
このコースで運行されている
”ヒミコ”です。
 
実は前々から
隅田川を行き来する
”ヒミコ”を見て、
 
スタイリッシュなデザインで
カッコいいなあと思っていたんです。
 
いざ”ヒミコ”乗船してすると、
船内は想像以上の未来感で
 
外国人の若いカップルが
多数乗船していました。
 
恐らく口コミやガイドマップなどで
情報が広がっているだと思います。
  

築地場外

f:id:trend_marketter_eno:20180203015624p:plain

 

今話題の東京中央卸売市場で
ある築地市場が僕の一番の
オススメです!!
 
 
ひょっとしたらもうすぐ
豊洲”に移転してしまうかも
しれませんから
 
今のうちに
行っておかないとですね(笑)
 
僕もずっとそうだったのですが
”築地”って東京に長く住んでいても、
 
行ったことがない人は
意外に多いんですね。
 
だって”築地のイメージ”って、
 
めっちゃ朝が早い
 
高齢者ばっかり
 
業者の人しかいなさそう、、、
 
という印象から
かなり敬遠されてしまいがちですから。
 
実際は場内の魚のセリは
朝早くに行われていますが、
 
”築地場外のお店”は昼過ぎまでは
確実に全てのお店が開いています。
 
普段大型のスーパーに行くと
いろんな種類の魚が売られているので、
 
築地に行っても目新しいものは
ないと思うじゃないですか?
 
でも実際は
全然そんなことはなくて、
 
”築地場外”ならではの魚を
沢山購入することができちゃいますから
 
まずやっぱり”マグロ”が
本当に豊富にあるんですね。
 
もちろんマグロの
大きさや種類も本当に様々なんです。
 
個人で買える大きさの中落ちから、
中トロ、大トロまで何でもあります。
 
当然、お値段も
スーパーよりも断然お買い得ですから。
 
ですので、
築地に行ったらぜひ
滅多にお目にかかれない魚や、
 
スーパーとは比較にならない
くらい安い値段で美味しくて新鮮な
魚をぜひ買ってみてくださいね。
 

まとめ

 
以上、
 
  東京の穴場スポット5選  」
 
をご紹介しました。
 
せっかくの連休ですから、
ゴールデンウィークに遠出するのも
いいですが、
 
のんびりと日帰りで楽しめる
東京の穴場スポット5選を
紹介させていただきました。
 
5月は比較的晴れの多い季節なので、
ぜひ今回ご紹介した場所で
 
楽しんでみてくださいね!!
 
 
 
トレンドマーケッターENOより。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA