エルビス(延岡学園バスケ部5番)が審判に暴行!!顔画像と動画を公開!!

スポンサーリンク



トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
長崎県大村市で行われた”全九州高校体育大会”のバスケットボール男子準決勝で、なんと延岡学園の選手が審判の顔面を殴ってしまう事件が発生しました。
 
ちなみに、殴ったのは延岡学園バスケ部のコンゴからの留学生だと発表されていましたが、過去の出場履歴から背番号5番はペティ・ヴァカ・エルビス選手だということがわかっています。
 
それでは早速レビューします!!
 
 
 

バスケットボールの試合中に傷害事件が起きたのは2018年6月17日でした。
 
長崎県大村市で開催された全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で17日、延岡学園(宮崎)―福岡大大濠の試合中に延岡学園の留学生選手が、審判のファウル判定にブチ切れて、審判の顔面を殴ってしまうという事件が発生。
 
この事件は九州高校体育連盟から報告を受けた日本バスケットボール協会が同日に報告をしました。
 
ちなみに、審判の男性はすでに病院に搬送されており、現在治療中とのこと。
 
協会によれば、殴ったのはコンゴからの留学生であり、傷害事件として警察の捜査対象となる見込みとのこと。
 
当然、この事件によって試合は没収試合となってしまいました。
 
また、延岡学園は男子バスケットボールで、全国大会で優勝経験があるほどの強豪校です。
 
 
 

スポンサーリンク




 

被害の審判は意識不明の重体?

 
試合中に無防備の状態で殴られた審判の男性ですが、殴られた後、そのまま床に崩れ落ちてしまい流血をしていたという情報もあります、、、
 
また、その後審判の男性は動けなかったと現場にいた観客の多くが目撃しており、意識不明の重体の可能性もあるとのこと。
 
報道によれば、被害者の男性は”病院に搬送され治療中”という情報はありますが、その容態については未だに明らかになっておりません。
 
被害者の男性の一日も早い回復を心より願っております。
 
 
 

エルビス選手が審判を殴った問題の動画

 
延岡学園バスケ部のエルビス選手が審判を殴った問題の動画がこちらです。
 
動画には延岡学園の背番号5番の選手が審判に駆け寄って、殴るシーンがしっかりと映っていますね。
 
いくら未成年とはいえ、この行為は傷害事件として扱われる悪質な行為であることに間違いはありません。
 
 
 

スポンサーリンク




 

審判を殴った選手は留学生のエルビス選手?

 
問題の動画を見ていただければ分かるように、審判を殴っている選手は黒人の留学生だということがわかりますよね。
 
さらに、背番号は”5番”であることが、不鮮明な動画でも確認することができます。
 
画質は荒いですが、背番号が5番であることは確認できます。
 
延岡学園バスケ部には2人の留学生がおり、どちらもコンゴ出身とのこと。
 
この2人のうちどちらかが審判を殴った選手であり、ツイッターなどのネットの情報でもどちらが犯人なのか混乱している状態でした。
 
しかしながら、過去の出演履歴から今回の背番号5番の選手が判明しております。
 
 
 

エルビス選手が審判を殴ったと判明

 
ネット上でもどちらの選手が犯人なのか混乱している状況でしたが、過去の出場記録などの情報からエルビス選手だと特定しております。
 
上の画像は延岡学園バスケ部の出場選手の得点記録です。
 
この得点表をみると背番号5番はエルビス選手、そして背番号15番がフランシス選手。
 
この試合は2018年6月16日に行われた試合でした。
 
全九州高校体育大会の準々決勝の試合であり、問題の試合の前日に行われたものなのであります。
 
どんなスポーツでも背番号が変更されることはありえますが、同じ大会中、ましてや翌日に背番号が変更されることはほぼありえないでしょう。
 
ですので、17日の試合に出場していた背番号5の選手はエルビス選手でほぼ確定と言えます。
 
 
 

スポンサーリンク




 

エルビス選手の暴行の原因は?

 
今回の暴行事件はなぜ起きたのでしょうか?
 
動画を見てみると、事件直前に相手の選手が転倒していることがわかりますね。
 
この瞬間、審判がホイッスルを鳴らして、エルビス選手にファウルを伝えた直後に暴行が起こっています。
 
動画にはエルビス選手が相手選手を跳ね飛ばすシーンが映っているので、ファウルの判定は素人が見ても妥当だった事がわかります。
 
この判定に激怒したエルビス選手が審判に駆け寄り、暴行をしているため、恐らく審判のファウルの判定に対して不満があったことが原因である可能性が極めて高いです。
 
先月は日大アメフト部の選手が、悪質なタックルをした問題がありましたね、、、
 
今回の暴行事件はある意味それ以上の問題があると言えるのではないでしょうか。
 
いずれにしても、審判の選手は無防備の状態で殴られて転倒しており、今後傷害事件としても扱われることはほぼ間違い無いでしょう。
 
 
 

延岡学園バスケ部公式ホームページが削除

 
この問題を受けて”延岡学園バスケ部”の公式ホームページはすでに削除されています。
 
延岡学園の関係者が削除したのは間違い無いでしょうが、こういった情報を隠すやり方にはネット上で批判の声が多いのも事実です。
 
この対応には情報の隠蔽をするという日大アメフト部にも似た、日本スポーツの悪しき風潮が現れていおり、こういった間違った対応がさらに炎上を加速させるのでは?との心配されています。
 
 
 

スポンサーリンク




 

エルビス選手に対するネットの声

 
 
 

エルビス選手のまとめ

 
バスケの試合で審判を殴って没収試合になったものは前例がありません。
 
ちなみに、過去にはユニフォームの色を間違えて没収試合になった例があるみたいです。
 
今回の事件は高校生であっても、もちろん絶対にあってはいけない事件です。
 
これからの延岡学園バスケ部の対応をしっかり見届けたいと思います。
 
 
 

関連記事

 
 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA