エリザベス・スマート誘拐事件の犯人は?ブライアンとその妻の顔は?

スポンサーリンク



 
f:id:trend_marketter_eno:20180504222356p:plain
トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
2018年5月5日(土)21時より放送される
フジテレビ 土曜プレミアム
「 目撃!超逆転スクープ 」
 
この番組では衝撃の事件や事故、
感動の物語など実際にあったまさかの
大逆転ストーリーを紹介してくれます。
 
 
そして今回紹介された事件は2001年、
アメリカ・ユタ州の豪邸で当時14歳の
 
少女エリザベス・スマートさんが何者かに
ナイフで脅されて寝室から誘拐されて
しまった事件です。
 
 
ちなみにこの事件では、
エリザベスさんの家族がメディアを通じて
娘の救出を訴えたことから全米が大捜索し、
 
アメリカの人々の記憶に
残る事件となったんですね。
 
 
それでは早速
レビューしていきます。
 
 
 

エリザベス・スマート誘拐事件の犯人を逮捕 

f:id:trend_marketter_eno:20180504222422p:plain
事件発生から9カ月が
経過した2003年3月12日。
 
 
オンエアで男の似顔絵を見た人から
ユタ州サンディに不審な3人組がいる
との情報が届きました。
 
 
事情聴取の結果、
その3人は指名手配されていた
犯人の男とその妻だったんですね。
 
 
そして、3人のうちの一人が
 
「 変装させられたエリザベスさん 」
 
であることが判明したわけです。
 
 
犯人の男はエリザベスさんを
”2番目の妻”として扱い、
 
その一方で男の妻はエリザベスさんを
奴隷のように扱っていたとのこと。
 
 
そしてエリザベスさんを誘拐して監禁した
犯人はブライアン・デビッド・ミッチェル
その妻のワンダ・バージーです。
 
 
夫婦は逮捕され誘拐、窃盗、
婦女暴行などの容疑で起訴されましたが、
 
夫のブライアン・ミッチェルは
精神障害により責任能力はなし、
 
妻ワンダ・バージーには2009年に
懲役15年の刑が下される結果となりました。
 
 
そして2011年に
ブライアン・ミッチェルに終身刑
言い渡されます。
 
 
そして今現在、ブライアン・ミッチェルは、
 
「 アリゾナ州ツーソンの刑務所 」
 
に収監されているとのことです。
 
 
 

ブライアン・ミッチェルの経歴

熱心なモルモン教徒の家庭で育った
ブライアン・ミッチェル。
 
 
実はこの人、16歳のときに8歳の
少女に対する性犯罪で逮捕歴がありました。
 
 
ブライアンの2番目の妻によれば、
夫ブライアンによる2人の娘たちに対する
性暴力を警察に訴えましたが、
この時は逮捕されなかったそうです。
 
 
また、妻の連れ子の1人もブライアンから
性的虐待を受けていたことを証言しています。
 
 
しかもブライアンは、エリザベスさん
誘拐後も近隣の少女たちを追いかけ
まわしていたことがわかっているんですね。
 
 
さらにブライアンは自らを
 
「 神から使わされた天使 」
 
であるとし、事件の数か月前、
”インマヌエル”という名前で神からの
黙示録と称する文章に
 
「 あと7人の妻と結婚する 」
 
と書いていたそうです。
 
 
 

エリザベス スマート誘拐事件の概要

2002年6月5日、アメリカユタ州
ソルトレイクシティの高級住宅街で
事件は発生してしまいました。
 
 
豪邸に住むスマート家の長女
エリザベス・スマートさん(当時14歳)
 
何者かにナイフで脅されて
自宅の寝室から誘拐されてしまいました。
 
 
ちなみに一緒に寝ていた妹(当時9歳)は
無事だったのですが、物音に気付くも
恐怖で声をあげられず約3時間後に
親に話したことで事件が判明します。
 
 
両親はその夜、エリザベスさんの学校で
開かれた式典に出かけた際に
 
家の鍵はすべて閉めたそうですが、
夜中に子供たちが起きて動いた場合、
 
警報器が鳴るのを防ぐために
警報器を切っていたとのこと。
 
 
 

まとめ

自宅で就寝中に誘拐されて
9カ月に及ぶ地獄の監禁生活から
生還したエリザベスさん。
 
保護されたエリザベスさんは
事件後に大学も卒業しています。
 
 
そしてエリザベスさんは2006年ごろから
講演などで児童に対する性犯罪撲滅や
被害者支援の活動を行っています。
 
 
自身の悲惨な経験を赤裸々につづった
著書”My Story”を出版し、
 
テレビにも出演して
監禁生活について語ってくれています。
 
 
エリザベスさんによれば、
夜中に目覚めると、
見知らぬ男がナイフを首に突きつけ、
 
「 静かに起きないと家族を殺す 」
 
と脅されたといいます。
 
 
エリザベスさんは男に言われるがまま
起き上がって、郊外のキャンプ場へと
連れていかれたそうです。
 
 
そしてエリザベスさんは
2003年3月に保護されましたが、
その後彼女を待ち受けていたのは
 
「 なぜそれまで
  自力で脱出しなかったのか? 」
 
というデリカシーのない
言葉の暴力でした。
 
 
しかも、
中には批判の声もあったそうです、、、
 
 
当時のおぞましい経験が
ふと脳裏をよぎることも
あるそうですが、
 
それでもエリザベスさんは
ポジティブに生き続けています。
 
 
2012年2月には、長年交際していた
マシュー・ギルモアさんと結婚。
 
 
2015年に長女を、
2017年には長男を出産し、
幸せに暮らしているそうですよ。
 
 
ひどい目にあったのに助かってからも
いろんな批判を受け続けているエリザベスさん。
 
 
今は結婚して旦那さんもいるとのことなので、
これからは旦那さんや子供達と一緒に
 
前向きに明るく自分の人生を
楽しんで欲しいと心から願っています。
 
【 人気の記事 】
 
 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA