花のち晴れのドラマロケ地を徹底調査!!英徳学園は成蹊大学?

スポンサーリンク



 

f:id:trend_marketter_eno:20180416234016p:plain
トレンドマーケッターENOです。
 
 
2018年4月17日(火)夜22時
からスタートする”花より団子”の続編
 
「 花のち晴れ
  花男 Next Season〜 」
 
のロケ地を徹底的に調べました。
 
様々なドラマで毎回注目されるロケ地ですが、
”花のち晴れ”の撮影場所が一体どこで
行われているのか気になりますよね!!
 
主人公の”神楽木晴”の大豪邸や
”江戸川音”のバイト先のコンビニだったり、
やっぱり英徳学園のライバル校である
”桃乃園学院”などが特に気になりますから。
 
それでは早速
レビューしていきます。
 
 

花のち晴れのドラマロケ地”英徳学園”はどこ?  

ちなみに前作の”花より団子”では
東京武蔵野市にある成蹊大学
ロケが撮影されたんですね。
 
そしてなんと今回の”花のち晴れ”でも
同じ”成蹊大学”がロケで使用されました!!
 
徒歩約15分ほどの場所にあります。
 
〒180-0001

 

花のち晴れのドラマロケ地”桃乃園学院”はどこ?

そして英徳学園のライバル校であり
音の婚約者が生徒会長を務める
”桃乃園学院”のロケ地にもなんと
成蹊大学が使われています。
 
ちなみに建物の中が超近代的で
かなりオシャレなデザインなんです。
 
その中でも特に
オシャレで話題なのが
”図書館”が印象的ですね。
 
本当にセレブ高校の
オシャレキャンパスには
ぴったりといった感じです!!
 

〒180-0001

 

花のち晴れのドラマロケ地”神楽木晴の大豪邸”はどこ?

そして神楽木晴の大豪邸
ロケ地として採用されました。
 
写真からも伝わってきますが、
歴史を感じさせるとても
しっかりとした作りの素晴らしい建物です。
 
神楽木家の雰囲気に見事に
マッチしていますね!!
 
 
〒516-0016
三重県伊勢市神田久志本町1754-1

 
 
 
そして神楽木家の超豪華な廊下
和歌山県にある”ホテル川久”
採用されています。
ちなみにこのホテルにはなんと
 
「 1本1億円もする柱がなんと24本 」
 
もあるのだとか、、、
 
めっちゃバブリーな香りがします(笑)
 
そしてこのホテル川久は
周りが海に囲まれていて、
なんと、
 
「 全部屋スイートルーム 」
 
というかなりぶっ飛んでるホテルです!!
 
ですので、
ロケーションとしは文句なしの
最高の場所と言えますね。
 
〒649−2211

 
 
 
今回は、
 
「 花のち晴れ〜花男 Next Season〜 」
 
の主要なロケ地をまとめてみました。
 
”英徳学園”
 花より男子の時と同じ成蹊大学
”桃乃園学院”
 英徳学園と同じ成蹊大学
神楽木家
 伊勢神宮の博物館神宮徴古館
 
上記3つのロケ地
を一気にご紹介してみました。
 
これからどんどん放送を重ねるごとに
新しくて豪華な撮影場所が出てくると
思うので楽しみですね。
 
 
トレンドマーケッターENOより。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA