花粉症と風邪の症状の違いはある?症状の見分け方を徹底解説!!

スポンサーリンク



 

f:id:trend_marketter_eno:20180210135939p:plain
 
トレンドマーケッターENOです。
 
 
”花粉症”と”風邪”の症状って
非常によく似ているのでその違いの
見分け方ってなかなか難しいです。
 
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、、、
 
このような症状が出たとしたら、
あなたなら”花粉症”と”風邪”の
どちらを疑いますか?
 
 
少し前であれば多くの方は
”風邪”を疑ったと思いますが、
 
最近だと、
 
「 やっぱり花粉症かも、、、 
 
と考える方も珍しくはないと思うんですね。
 
特に花粉が飛散する2月末頃からは、
 
「 上記3つの症状が”花粉症”でも
  ”風邪”でも現れるため、
  非常に判断がしにくい、、、 」
 
と思いますから。
 
ではこの時期の場合、
どのようにして花粉症か風邪なのかを
見分けたらいいのか困りますよね。
 
そこで今日は、
 
「 花粉症と風邪の症状の違いはある?
  症状の見分け方を徹底解説!!    」
 
についてお話していきますね。
 
 

風の症状とは?

 

f:id:trend_marketter_eno:20180210135958p:plain
風邪の初期症状に挙げられるのが、
・くしゃみ
・鼻水
・鼻づまり
・咳、、、等
なんですね。
 
また風邪の場合は症状が悪化すると、
喉の痛みや微熱、悪寒、頭痛、嘔吐、
下痢などが現れることがあります
 
このような症状が出れば、
「 花粉症ではなく風邪だろう 」
ってことがはっきりわかりますが、
それまでは正直言って花粉症と
風の区別がつきにくいと言えますね。
 
 

花粉症の症状とは?

 

f:id:trend_marketter_eno:20180210140009p:plain
実は”花粉症には4大症状”
呼ばれているものがあります。
 
それは、
1「 くしゃみ 」
2「 鼻水 」
3「 鼻づまり 」
4「 目のかゆみ 」
上記4つです。
 
花粉症患者のほとんどが、
この4大症状のいずれかを発症すると
言われているんですね。
 
またこの他にも、
・目の充血
・喉のかゆみ
・頭痛
・体のだるさ、、、等
の症状が出る場合もあります。
 
 

花粉症と風邪を見分ける7つのポイント

 

f:id:trend_marketter_eno:20180210140021p:plain
 
”風邪”と”花粉症”は、症状が共通する
ものが多いため見分けがつきにくいと
言われていますが、
 
同じ症状であっても違いをしっかりと
観察することで
 
風邪か花粉症かを区別することは
できますのでしっかりチェックを
してくださいね
 
 

1「 くしゃみ 」

 
”くしゃみ”は風邪でも花粉症でも
現れる症状なんですね。
 
”風邪”の場合は多くても2〜3回繰り返す
程度であるのに対して、
 
”花粉症”の場合は多い時には10回以上
連続してくしゃみを繰り返すのが
大きな違いなんですね。
 
ちなみに花粉症によるくしゃみの原因は、
 
「 鼻の粘膜に付いた花粉をくしゃみに
  よって外に出そうとしている   」
 
ので必然的に回数が多くなり、
くしゃみの頻度も風邪に比べて高くなる
という傾向があります。
 
 

2「 鼻水 」

 
”花粉症”の場合の鼻水は、
 
「 無色透明でサラサラしている 」
 
のが特徴です。
 
顔を地面に対して垂直にすると、
鼻の穴から口まで鼻水が流れ出て
しまい、
 
花粉が飛散している間は
鼻水が止まることはありません。
 
その一方で、”風邪”の場合
引き始めの数日はサラサラしていることは
あっても、
 
そのうちネバネバとして黄色を
帯びたものに変化してきます
 
これは風邪のウイルスや
ウイルスと闘った白血球の残骸が
鼻水に混じるからであり、
 
体内からウイルスがいなくなると
自然と鼻水も治ります。
 
 

3「 鼻づまり 」

 
花粉症も風邪も
鼻づまりの症状がありますが、
 
「 花粉症の方が鼻づまりの症状が酷い 」
 
と言われています。
 
ちなみに”花粉症”による鼻づまりの場合、
両方の鼻の穴が詰まってしまうことも
珍しくなく、
 
いくらかんでも鼻水が出てくるため、
呼吸がしづらいなどの二次症状も
現れやすくなります。
 
花粉症患者の多くがこの鼻づまりの
酷さに悩んでいると言われているため、
 
いつもの鼻づまりよりも症状が重いと
感じたら花粉症を疑ってみるのが
よいですね。
 
 

4「 咳やのどの痛み 」

 
咳やのどの痛みが
症状として現れるのは、
 
「 ”風邪”が主で、”花粉症”は稀 」
 
である考えてよいです。
 
ただし、鼻水がのどに落ちて
咳が止まらなくなるケースや、
 
のどに付着した花粉によるかゆみを
痛みと感じることもあるため、
 
これらの症状があるからと言って
必ずしも風邪とは限りません。
 
のどの痛みが風邪によるものか
花粉症によるものかを判断する方法として、
 
”唾を飲みこんだ時の痛み”
で判断できることもあります。
 
唾を飲みこんだ時にのどが痛ければ”風邪”、
それ以外の時ものどに違和感がある場合は
”花粉症”の場合が多いでしょう。
 
 

5「 頭痛 」

 
”風邪”による頭痛の場合、
体内に侵入したウイルスを攻撃するために
白血球を増やそうと血管が膨張するのが
原因で頭痛が起こるわけです。
 
ちなみに風邪の場合の頭痛
 
「 脈と同調するようにズキズキ 」
 
と起こるのが特徴なんですね。
 
一方、”花粉症”の場合
 
「 鼻づまりが原因による頭痛 」
 
のためボーッとした痛みが
出るのが特徴ですから。
 
 

6「 目のかゆみ 」

 
目のかゆみは、
 
「 ”花粉症”にはよく現れる症状で、
  ”風邪”の場合は殆ど現れない  」
 
ため区別しやすい症状なんですね。
 
目のかゆみは飛散した
花粉が目に直接付着することで、
 
アレルギー反応が起こって
強いかゆみを引き起こします。
 
かゆくて無意識に目をこすってしまうと、
 
「 充血や涙が止まらないなどの症状が
  起こることもあり、
  さらに結膜や角膜を傷つけてしまう 」
 
こともあるため本当に注意が必要です。
 
 

7「 熱 」

 
”風邪”を引いて熱が出ることはあっても、
”花粉症”で熱が出ることはまずない
考えてよいでしょう。
 
 

花粉症と風邪の見分け方

f:id:trend_marketter_eno:20180210140042p:plain

 

”花粉症”か”風邪”かを
見分けるためには症状の違いの他に、
 
「 症状が続く期間 」
 
を確認するのがわかりやすいですね。
 
一般的に”風邪”は長くても
10日前後で治ってしまいますが、
 
”花粉症”の場合は花粉が飛散している
間はずっと症状が出続けるため
 
「 2週間以上治らない 」
 
と言われているんですね。
 
 
 
 
花粉症と言うと”春”に発症する
イメージが強いと思いますが、
実は”秋”も注意すべき時期なんですね。
 
ですので”春”と”秋”において、
 
「 いつも鼻水やくしゃみが
  止まらなくなる、、、  」
 
という方は”花粉症”を疑って、
早めに病院で治療を受けることを
お勧めします。
 
 
トレンドマーケッターENOより。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA