バイラクタル容疑者は相次いで犯行?兵庫県三田市の事件の新情報!!

スポンサーリンク



f:id:trend_marketter_eno:20180227004326p:plain
 
トレンドマーケッターENOです。
 
女性会社員(27)が行方不明になり
 
女性とみられる遺体が大阪、
京都両府内で相次いで見つかった
事件に新情報です。
 
早速レビューしていきます。
 
 
【関連記事】
 

イラクタル容疑者は相次いで犯行をした?

f:id:trend_marketter_eno:20180227004347p:plain
 
兵庫県三田市の女性会社員(27)が
行方不明になり、
女性とみられる遺体が大阪と京都両府内で
相次いで見つかった事件が発生しました。
 
そして女性の遺体は大阪市東成区の
民泊として使われている部屋で切断されて、
 
複数回に分けて運び出された可能性が
非常に高いことが捜査関係者への
取材で明らかになりました。
 
さらに民泊内の浴室や床で
”血液反応”が出ているとのことです。
 
また兵庫県警は死体遺棄のほか、
死体損壊容疑でも捜査を進めています。
 
捜査関係者によると、
女性会社員は16日午前0時ごろ、
 
JR森ノ宮駅付近で米国籍の
イラクタル・エフゲニー・バシリエビチ
容疑者(26)と待ち合わせ、
 
民泊として使われている同市東成区の
マンション内の部屋に一緒に入った
と想定されています。
 
これは現場周辺の複数の防犯カメラの
映像などから判明したとのことです。
 
そしてその後、携帯電話の電源が切れて、
足取りが途絶えてしまいました。
 
 

イラクタル容疑者を兵庫県警が逮捕

f:id:trend_marketter_eno:20180227004401p:plain
 
ちなみに兵庫県警は
22日にバイラクタル容疑者を逮捕しました。
 
民泊の室内を調べたところ、
目に見える血痕はなかったものの、
 
鑑識の結果、浴室や床などで
”血液の痕跡を”示す反応が出ました。
 
また、民泊の防犯カメラには、
イラクタル容疑者とみられる男が
16〜18日に、
 
大型のキャリーバッグを持って、
何度も建物を出入りする姿が
映っていたそうです。
 
そして同時期に駅の防犯カメラにも、
大型のバッグを持って移動する似た男の
姿が記録され、
 
兵庫県警は同容疑者が切断した遺体を
電車で運んでいた可能性もあると
考えているようですね。
 
 

まとめ

f:id:trend_marketter_eno:20180227004427p:plain
 
ひょっとしたらバイラクタル容疑者は
相次いで犯行を重ねてしまったのかも
しれません。
 
一刻も早く見つかった遺体の身元確認と
この事件の真相を警察に解明して
頂きたいと思っています。
 
 
トレンドマーケッターENOより。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA