一人暮らしを始める方必見!!部屋探しで失敗しない注意点を紹介!!

スポンサーリンク



f:id:trend_marketter_eno:20180209013749p:plain

 

 
トレンドマーケッターENOです。
 
 
初めての一人暮らしや
初めて住む場所だと
ものすごく不安になりますよね?
 
一人暮らしを始めるあなたに、
「 部屋探しが失敗しないコツ 」
を伝授します。
 
部屋探しで失敗をしないコツを
必ず身につけて、快適な
”一人暮らしライフ”を送りましょう。
 
 

オススメの時期は1月〜3月

 

f:id:trend_marketter_eno:20180209013804p:plain
進学、就職、異動が特に多いこの時期は、
引越しする人が一番多いので、
 
最も自分に合った部屋を探す
ことができる時期なんですね。
 
ただし、そのぶん良い物件は
すぐに決まってしまうので、
 
気に入った物件を見つけたら
すぐに不動産屋に相談しましょう!!
 
自分も過去に部屋の案内で
物件に到着した瞬間に、
 
すでに別の人が契約をしてしまった
なんて事がありましたから(笑)
 
注意したいのが現在賃貸で
部屋を借りている人は新たに
部屋を借りる時期を間違ってしまうと、
 
「 2重に家賃が発生してしまう、、、 」
 
ってことがありますから。
 
例えば4月から入居希望だったとします。
 
4月から入居するには、
3月中には新居を決めていないと
ダメなんですね。
 
申込をしてから審査、契約、
家賃発生まで約1週間から2週間程度
かかってしまいます。
 
つまり仮に2月20日から
契約してしまうと、
 
”残りの9日分の家賃は日割り”
で支払うことになります。
 
ですので契約開始時期については、
事前に必ず不動産会社に確認しましょう。
 
 

・条件交渉がしやすい時期は4月5月、7月8月

f:id:trend_marketter_eno:20180209013942p:plain

 

引越しシーズンが過ぎた後の”4月5月”や、
部屋探しをする人が少ない”7月8月”は、
 
大家さんも空室を埋めるのに
必死なので条件交渉がしやすい時期です。
 
特に”4月と5月”はこの時期を逃すと
長く空室になる可能性が高いので、
”家賃交渉”が非常にしやすい時期です。
 
 

どのエリアに住むか?

f:id:trend_marketter_eno:20180209013847p:plain

 

生活の基盤となる会社や学校などを
起点と考えて、
 
そこから住みたいと思うエリアまでの
時間を計算していくと、
 
どのエリアが自分にとって
ベストなのかがわかってきます。
 
例えば、
 
「 できるだけ朝は寝ていたいから、
  ドアtoドアで30分くらいがいい、、、 」
 
みたいな感じですね(笑)
 
ただし家賃を低く抑えたい場合は都心に
近いほど家賃も上がる傾向があるので、
 
さらに通勤、通学時間を伸ばして
エリアを考える必要がありますね。
 
 

家賃はいくらが目安?

 

f:id:trend_marketter_eno:20180209013927p:plain
一般的には、
 
「 収入の30%が家賃の目安 」
 
と言われていますが、オススメは
30%からさらに10%を下げた
”収入の20%程度”の家賃ですね。
 
少しゆとりをもった
家賃に設定することで、
毎月の生活を圧迫せずに済みますので。
 
また仕事の収入が減っても
家賃は固定費なので下がることはないです。
 
さらには1年単位に
直すと大きな金額になるので、
 
自分でよく考えて家賃の設定を
検討するようにしましょう。
 
 

部屋の条件を決める

 

f:id:trend_marketter_eno:20180209013917p:plain
自分が何を優先させるかよく考えて、
”絞り込んだベスト3位”があなたが
住みたい部屋の絶対条件になります。
 
例えば、
 
・駅から徒歩10分圏内
 
 
・風呂トイレは別
 
 
・家賃は8万円以内、、、等
 
 
「 自分ならこんな部屋に住みたい 」
 
と思う条件をまずは全て
書き出してみましょう。
 
そこから優先順位をつけて”ベスト3”を
絞り込むと部屋の条件が決まりますから。
 
 
 
今日は、
 
「 一人暮らしを始める方必見!!
  部屋探しで失敗しない注意点を紹介!! 」
 
についてお話しました。
 
これから引越しを検討している方は
ぜひ参考にしてくださいね!!
 
 
 
トレンドマーケッターENOより。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA