佐野太(文部科学省)が逮捕!!息子を東京医科大学に裏口入学?

スポンサーリンク



トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
文部科学省の科学技術・学術政策局長が受託収賄の疑いで逮捕されました。
 
そして、局長の名前は佐野太(さのふとし)容疑者です。
 
容疑としては私立大学の支援事業に便宜を図りその見返りに、その大学を受験した自分の息子を合格させてもらったとのこと、、、
 
いわゆる裏口入学ってヤツですね。
 
佐野太容疑者は受託収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。
 
早速、レビューします!!
 
 
 

 
現在明らかになっている情報としては、佐野太容疑者のプロフィールはこちらです
 
名前:佐野太(さのふとし)
年齢:58歳
職業:文部科学省科学技術・学術政策局長
住所:東京都港区
 
また、佐野太容疑者の逮捕と同時に、収賄のほう助の疑いで東京・港区の会社役員、谷口浩司容疑者(47)が逮捕されています。
 
公開され次第、おって情報を追記していきます。
 
 
 

スポンサーリンク




 

佐野太(文部科学省) 逮捕!!受託収賄で裏口入学させた私立大学は?

 
文部科学省の科学技術・学術政策局長である佐野太容疑者が、私立大学の支援事業に便宜を図る見返りとして、その大学を受験した自分の息子を合格させてもらったとして、受託収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。
 
受託収賄の疑いで逮捕されたのは、文部科学省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)であり、東京都港区の会社役員、谷口浩司容疑者(47)も一緒に収賄のほう助の疑いで逮捕されています。
 
東京地検特捜部の情報によると、佐野太局長は、文部科学省の官房長だった2017年5月、私立大学の関係者から文部科学省の支援事業の対象校の選定にあたって便宜を図る見返りとして、2018年2月にこの大学を受験した自分の息子の点数を加算させ、合格させてもらったとして、受託収賄の疑いが持たれているんですね。
 
特捜部は、東京都霞が関の文部科学省を捜索し、詳しい経緯を現在調査中です。
 
こんなリスクを犯してまで息子を大学に入れさせようとしたということは、かなり有名な大学なんでしょうね。
 
私立大学とのことなので、おそらくは早稲田大学か慶応義塾大学といった有名な大学だと予想されます。
 
追加された情報によると、佐野太容疑者の息子を裏口入学させたのは東京医科大学とのこと。
 
東京医科大学の新入生で佐野という苗字であればすぐに特定されてしまうでしょう、、、
 
 
 
 

佐野太の息子のツイッターアカウントが流出

この問題を受けて、ネット上では息子と思われる人物のツイッターアカウントが流出していると話題になってますね。
 
その内容がコチラ↑
 
ツイートを見てもわかるように、なんと受験生でありながらセンター試験16日前にセブ島に出かける様子が投稿されています。
 
しかも、佐野太容疑者の息子が入学した”東京医科大学”は合格倍率16倍とも言われる超難関大学ですから。
 
そこを受験する人間が、こんな大事な時期に海外に行くというのはちょっと理解できないですよね、、、
 
 
 

スポンサーリンク




 

佐野太の息子は過去に受験やめようと思っていた?

この佐野太容疑者の息子は過去に
 
「 俺ら間違いなく日本で一番幸せな浪人生だわ 」
 
と投稿しております。
 
これが何を意味するのかは意味がわかりませんが、今回の事件が発覚した現在では、この時点で裏口入学で合格が確定していたので、このような投稿をしたと考えるのが自然ですよね。
 
また、気になる点としては“俺ら”と自分だけでなく複数の人間を指している点です。
 
ひょっとしたら、佐野太の息子以外に裏口入学をした人間がいたのではと思わせるツイート内容ですね。
 
ちなみにこの佐野太容疑者の息子と思われる人物は、高校時代には野球部に所属していて、2016年に引退したことを報告するツイートを投稿しています。
 
周囲の関係者に対して感謝の言葉を送るなど、この時点では誠実なイメージのある投稿をしていますね。
 
それ以外のツイートを見てみると、芸能人のことやテレビ番組のことなど受験生が投稿する内容としてはかなり違和感を感じる内容です、、、
 
そこそこの努力で入れる大学を志望していたならまだしも、東京医科大学のような超難関大学を志望しているわけですから、ここまで余裕があるのは誰が見ても違和感がありますね。
 
 

東京医科大学は前年も補助金の対象校から落選

 
問題となっている東京医科大学は、前年も同じような事業計画を提出しており、補助金の対象校から落選しているんですね。
 
でも、翌年には文科省の”私立大学研究ブランディング事業”に選定されていて、国から3500万円の補助金を受け取っていますから。
 
通常、前年に落選したのであれば応募する計画内容を大幅に変更するのが普通ですよね。
 
その一方で、同じような事業計画を提出するということは、すでに裏口入学の約束がされていたと見てほぼ間違いないのではと考えられますね。
 
 
 

スポンサーリンク




 

東京医科大学の関係者は誰?

 
さらに気になるのが、東京医科大学の関係者で実際に佐野太容疑者の息子の点数を操作した人です。
 
入試を加点するって言っても、たった一人でこのようなことができるのかと個人的には思ってしまいます。
 
どの段階で点数を操作するのかわかりませんが、一旦、点数をつけたものを書き換えて数字を登録するのか。
 
それとも、点数をつけるときに最初から点数に加点していくのか、、、
 
ともかく、一人で点数を操作するなんてことはちょっと現実的とは思えないので、複数人がこの件に関わっているのではないかと予想しています。
 
現時点においてまだ調査中なので、点数を加算した人は誰なのかわかっていませんが、関わったのはきっと一人ではないはずです。
 
それにしても、こういう裏口入学によって本当は受かっていたのに落ちた人が浮かばれないですよね、、、
 
 
 

佐野局長に便宜を依頼したのは臼井正彦と鈴木衛

 
今回佐野局長に便宜を依頼したのは、東京医科大学の臼井正彦理事長(77)だったことがわかりました。
 
さらに、鈴木衛学長(69)も関与していたらしく、特捜部の調べによって容疑を認めているとのこと。
 
やはり、受験の点数を操作できるなんて立場が上の人しかできないはずです。
 
これは理事長だけの責任にとどまらず、大学全体がかなりヤバイことになりそうですね、、、
 
さらに受験点数加算には、この2人だけでなく複数の幹部が関与していたとのこと。
 
ちなみに、今回の東京医科大学の一般入試では3535人が受験して214名が合格したとの情報が分かっています。
 
つまり、倍率は16.5倍だったということですね。
 
これは、かなりヤバいことに発展思想です、、、
 
 
 

スポンサーリンク




 

佐野太のネットの声

ネットの声を集めてみました↓

 
 

佐野太のまとめ

 
やはり権力を持っていると、このように悪いことをなんでもしてしまうんですね。
 
受験の点数を加算したということは、恐らく佐野太容疑者の息子はもともと合格点に達していなかったということです。
 
また、この事件の発覚によって息子も大学内で居場所を無くすのは間違い無いでしょう。
 
むしろ、普通に考えたら強制退学は避けられないと思います。
 
こんなこと悪いことさえしなければ、普通に過ごせていたのに佐野太容疑者は自分の息子の人生は破滅させてしまう結果となってしまいました
 
 
 

スポンサーリンク




 

関連記事

関連記事はコチラ↓
 
 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA