足立朱美の顔画像を公開!!堺市建設会社の社長が弟を殺害した?

スポンサーリンク



トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
大阪府堺市で実の弟を練炭自殺に見せかけて殺害したとされる事件が発生しました。
 
そして、姉の建設会社 社長である足立朱美(あだちあけみ)容疑者が逮捕されました。
 
しかも、足立朱美容疑者の周辺では今回の事件だけでなく、数々の不審な出来事が起きていたとのこと、、、
 
ちなみに、逮捕前にはテレビカメラの前でインタビューにも答えていた足立容疑者。
 
それでは早速レビューします!!
 
 
 
 
2018年3月、大阪府堺市で弟を練炭自殺に見せかけて殺害した容疑で、会社社長の足立朱美容疑者が逮捕されました。
 
2018年3月、弟で別の会社を経営する聖光さん(40歳)に睡眠薬を飲ませたうえ、自分の会社の事務所兼住宅のトイレの中で、練炭自殺に見せかけて一酸化炭素中毒により殺害した疑いがかけられています。
 
警察の情報によると、事件当日に足立容疑者から連絡を受けた聖光さんの妻がトイレで倒れている聖光さんを発見しました。
 
その後、足立容疑者が消防に通報したとのこと。
 
ちなみに逮捕前、足立容疑者はMBSの取材に対して、
 
「 弟は自殺した、、、 」
 
と話していました。
 
「 今となったら自殺で追い込まれたかと思う。殺されたのとは違うのかなと 」
(足立朱美容疑者)
 
足立容疑者は、取り調べに対しても、
 
「 やっていません 」
 
と容疑を否認しています。
 
 
 

スポンサーリンク




 

足立朱美のプロフィール

 
【名前】:足立朱美(あだちあけみ)
 
【住所】:大阪府堺市南区
 
【年齢】:44歳
 
【職業】:建設会社 社長
 
【容疑】:練炭自殺に見せかけての弟の殺害容疑
 
【供述】:容疑を否認
 
建設会社の社長として肩書を持っている足立朱美容疑者の顔画像は、すでに報道でも公開されておりネット上でも出回ってます。
 
2018年3月に自宅のトイレで死亡していた弟の聖光(きよみつ)さんは、当初練炭自殺の可能性も考えられていました。
 
しかし、その後の捜査で姉の足立朱美容疑者が関与していた可能性が高まったんですね。
 
ちなみに、足立容疑者が社長を務める建設会社は
 
「 大一水道株式会社 」
 
で公式ホームページもありました。
 
会社名:大一水道株式会社
 
住所:大阪府堺市中区深井中町1135-4
 
設立:1974年2月
 
資本金:2000万円
 
代表取締役:足立朱美
 
従業員数:9人
 
そして、”あけみのブログ”として、普段の仕事内容を記録しているブログもあります。
 
また、そのブログには足立容疑者だと思われる人物が作業をしている動画もありました。
 
しかも、足立朱美容疑者の周辺では不審な出来事が多く起きていたことも分かっているのです。
 
 
 

足立朱美が弟の遺書を偽造?

 
足立朱美容疑者は弟を練炭自殺に見せかけて殺害しただけでなく、なんと遺書を偽造していたことも分かっています。
 
遺書は弟が亡くなっていたトイレにあったと報道されており、足立容疑者が聖光さんの妻に渡していたのとのこと。
 
しかし、そこには聖光さんが知らないことも記載されていたことが分かっています。
 
そのことを不審に思った聖光さんの妻が、警察に相談し調べたところ、この遺書が足立朱美のパソコンで作成されたこと、プリンターにも印刷された痕跡が見つかったんですね。
 
また妻は、
 
「 夫はパソコンを使って手紙を書くことはない 」
 
と話しており、文書作成の時刻には聖光さんが別の場所にいたことも判明していることから、遺書を足立容疑者が偽造した可能性がかなり高いと思われます。
 
しかも、生前に聖光さんは
 
「 姉には気をつけろ 」
 
と意味深な言葉を周辺に漏らしていたといいます。
 
 
 

スポンサーリンク




 

足立朱美の両親にも異変が

 
足立朱美容疑者の周辺では、どうやら両親にも異変が起きていたとのこと。
 
ちなみに、足立容疑者の母親は、事件当日意識がもうろうとした状態で倒れたと言っています。
 
しかも、母親はろれつが回らない状態だったとのこと。
 
また、母親の話では、
 
「 抹茶オレを飲んで眠くなった 」
 
と話しており、足立容疑者の自殺工作が発覚することを避けるために、母親の飲み物に睡眠薬を混入した可能性がああります。
 
また、足立容疑者の父親は2018年1月に2回も過度の低血糖状態で病院に運ばれていたことが分かっています。
 
しかも、父親は未だに意識が戻っておらず、母親によると父親が倒れたのはいずれも甘酒を飲んだ後だと説明しています。
 
ちなみに、その甘酒を作っていたのは2回とも足立朱美容疑者だったとのこと。
 
父親は糖尿病を患っており、父親が使っていたインスリンが無くなっていたことも判明しています。
 
 
 

足立朱美が起こした事件の不審点

 
実は、足立朱美が引き起こした事件当時の現場には数々の不審点が確認されております。
 
弟の聖光さんが亡くなっていたトイレには、扉の隙間に目張りがされていたのですが、その接着剤の容器はトイレ内ではなく別の部屋から発見されているのです。
 
そして、死因と思われる練炭ですが、トイレ内には一切火をつける道具がなかったわけです。
 
この状況から、聖光さんの死は自殺ではなく、他殺である可能性が非常に高いと初めから警察は考えていたみたいですね。
 
 
 

スポンサーリンク




 

足立朱美は家族を批判するビラを配ってた

 
足立朱美容疑者は逮捕されるまでの3ヶ月の間に、亡くなった聖光さんの妻を批判する内容のビラを配っていたとのこと。
 
匿名のライターが取材したと偽り、
 
  • 「姉を犯人あつかいするのは皆憤る」
  • 「自殺に追い込んで、まんまと社長の座を手に入れた」
  • 「お姉さまが犯人の可能性はない」
 
などといった内容です。
 
しかし、これも足立朱美容疑者の所持していたパソコンに、印刷した履歴が発見され、足立朱美の自作自演だということが判明しています。
 
あまりにも小細工が多すぎて、本当は捕まりたかったんじゃないかとまで思ってしまうほど、あちこちに痕跡を残していますね。
 
 
 

足立朱美に対するネットの声

 
 
 
 

スポンサーリンク




 

足立朱美のまとめ

 
これまでの調査で、練炭が燃えているのに着火するものがない事と、内側から接着剤で目張りをしているのに接着剤の容器がトイレ内に無いという不自然である点がいくつか分かっています。
 
つまり、なくなった弟は誰がどう見ても自分で命を絶ったのではなく、誰かの手が加わっている事が明らかです。
 
ちなみに、足立朱美容疑者は犯行を否認しているみたいですが、今後の警察の調査によって真相が明らかになるでしょう。
 
新たに情報が上がり次第、随時報告します!!
 
 
 

関連記事

 
 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA