寺内樺風被告に懲役9年の判決!!埼玉県朝霞市少女誘拐監禁事件の結末は?

 
f:id:trend_marketter_eno:20180312170116p:plain
 
トレンドマーケッターENOです。
 
 
埼玉県朝霞市
2014年に行方不明になった
 
当時中学1年の少女が
約2年後に保護された事件があったんですね。
 
”未成年者誘拐”と”監禁致傷”などの
罪に問われた寺内樺風(かぶ)被告(25)
に対して、
 
さいたま地裁(松原里美裁判長)は
3月12日に”犯行様態は卑劣で悪質”
などとして完全責任能力を認め、
 
「 懲役9年(求刑・懲役15年) 」
 
を言い渡しました。
 
それでは早速
レビューしていきます。
 
【 よく読まれている記事 】
 
 

「探さないで」と少女にメモを書かせた

f:id:trend_marketter_eno:20180312170128p:plain
 
判決によると、寺内被告は2014年3月10日、
少女に声をかけて車に乗せ、
千葉市稲毛区”の自宅に誘拐したとのこと。
 
2016年3月まで同区と
東京都中野区の自宅に少女を監禁して、
 
PTSD)を負わせるなどをしました。
 
ちなみに判決理由で松原裁判長は、
少女に”探さないで”とメモを書かせ、
 
寺内被告が少女宅の郵便受けに入れて
発覚を遅らせる工作をしていたことなどから
 
「 違法性を認識していた 」
 
として完全責任能力を認定しています。
 
そして弁護側の
 
「 ”統合失調症”を
  発病しており責任能力は限定的 」
 
との主張を却下したんですね。
 
さらに、
 
「 被害者は心身ともに成長する貴重な
  期間が失われ、想像を絶する大きな
  打撃を受けた 」
 
と非難しました。
 
その一方で、
被告が脱出を防ぐため窓に
付けていた”補助鍵”を外したり
 
少女を自宅に置いたまま
1人で旅行に行ったりしていることから、
 
「 物理的拘束はかなり緩やか
  暴力や暴言などもなく
  求刑(懲役15年)は重すぎる 」
 
と述べました。
 
ちなみに公判では弁護側の請求により
裁判所が被告の精神鑑定を実施しています。
 
そして相手の感情を感じ取ったり
自分の行動の不適切さを理解したり
することが苦手な発達障害
 
 
の傾向にあったとの
鑑定結果が出たことから、
 
今回の裁判は責任能力の程度”
主な争点となりました。
 
検察側は、
 
「 インターネットで中学校を物色して
  少女を追尾するなど計画的かつ
  巧妙な犯行だ 」
 
として完全責任能力が認められると主張した。
 
 
f:id:trend_marketter_eno:20180312170143p:plain
 
ここからは監禁された少女が被害にあった
詳しく解説して行きます。
 
 
PTSDは、
 
「 とても怖い思いをした記憶が
  心の傷となり
  そのことが何度も思い出されて
  恐怖を感じ続ける 」
 
という病気なんですね
 
ひょっとしたらあなたにも、
過去にとても怖い思いをした経験が
あるのではないでしょうか。
 
PTSDとは”命の危険”を感じたり、
自分ではどうしようもない
”圧倒的な強い力”に支配されたりといった、
 
”強い恐怖感”を伴う経験を
した人に起きやすい症状とのことです。
 
そしてその怖かった経験の記憶が
”こころの傷(トラウマ)”として残り、
様々な症状を引き起こす原因になります。
 
では、
 
「 自分はPTSDかもしれない、、、 」
 
と思ったら、
どこに行けばいいのでしょうか?
 
ちなみにその体験が”犯罪被害”の場合は、
”犯罪被害者の会”や”支援組織”など、
多くの相談窓口が用意されているんですね。
 
地震”などの大きな天災の時は、
救護チームの中にカウンセラーが
派遣されることもありますので、
 
救援スタッフに尋ねることも
ひとつの手段として有効です。
 
その他、
地元の”精神保健福祉センター”や、
”精神科”や”心療内科”など、
 
PTSDに知識のある専門医や
カウンセラーのいる施設もあるので
自分で調べてみましょう。
 
実際に”PTSD”でなくても大丈夫です。
 
今あなたがものすごく辛い思いを
しているのなら一人で我慢しないで、
 
思い切って相談窓口のある施設に
連絡を取ることをオススメします。
 
 

まとめ

f:id:trend_marketter_eno:20180312170155p:plain
 
誘拐、監禁されていた少女は当時中学生
だったのそうですが、想像するだけで
恐ろしい事件です。
 
自分の
 
「 中学生生活が丸々二年 」
 
他人のせいで失われたのですから
本当にひとたまりもありません。
 
しかも中学生というのは
自分の経験の中でも心身共に
一番成長した時期でしたから。
 
幸い命は助かったものの
心に負った傷と一生付き合って
 
行かなくてはならないはずなので
これからメンタルのケアが必須
なのは間違いありません。
 
被害者の少女が時間をかけてゆっくり
回復してくれるのを心より願っています。
 
 
トレンドマーケッターENOより。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA