阿川佐和子と檀ふみは不仲って本当?プロフィールも紹介!!

スポンサーリンク



f:id:trend_marketter_eno:20180512154645p:plain

 

トレンドマーケッターENOです。
 
 
 
現在2018年4月11日(水)10:00から
日本テレビ放送されている新ドラマ
 
「 正義のセ 」
 
の原作者である阿川佐和子さん。
 
 
そんな阿川佐和子さんですが、
 
「 なんと”阿川佐和子さん”と
  檀ふみさん”は喧嘩をして不仲なの? 」
 
という情報がネット上で
いくつか見られました。
 
 
自分は阿川佐和子さんと檀ふみさんとの間に
交流があった事自体知らなかったので、
 
この情報を見たときは正直、
”?”という感じだったんですね。
 
 
その辺の真相はどうなのか
について調べてきました。
 
 
それでは早速
レビューしていきます。
 
 
 

阿川佐和子さんと檀ふみさんは喧嘩して不仲なの?

阿川佐和子さんと檀ふみさんは
喧嘩して不仲というのは本当なんでしょうか?
 
 
調べてみると、”喧嘩して不仲”という
情報は阿川佐和子さんが司会をしている
番組”サワコの朝”がきっかけだったんです。
 
 
対談形式で会話を
しているときの雰囲気が
 
「 喧嘩してるようで不仲な感じ 」
 
がすると視聴者が
思ったことがきっかけだったんです。
 
 
僕も一度、
改めてこの番組を見たのですが、
「 喧嘩もしていないし不仲ではない。
  むしろ二人は仲が良すぎるっ!! 」
 
っていう印象しかありませんでしたね。
 
 
ちなみに番組冒頭では、
 
「 なんか私の周りで檀さん
  どうしちゃったの?女優やめちゃったの?
  って、話を聞くんですけれども 」
 
「 最近、阿川さん
  女優になっちゃったの?  
  言われること多いですけど、、、 」
 
「 ごめんなさいね(笑) 」
 
「 なんか私の仕事を
  どんどん侵してない? 」
 
「 あなたについていこうと
  思うがあまりこんな事に
  なってしまいました 」
 
「 先に行かないでほしいのよね。
  いろいろね、、、 」
という会話を終始笑顔で
やりとりしているんですね。
 
 
このときの雰囲気が人によっては
なんか”違和感”を
感じてしまうのかもしれませんね。
 
 
その後の阿川佐和子さんと檀ふみさんとの
会話を聞いていると、お二人はそういう
感じで冗談を言い合っているということが
わかります。
 
 
ちなみにお二人で共著
 
「 ああ言えばこう食う 」
 
を出版されるほどなので、
とても仲が良い関係なのだと思いますね。
 
 
なのでネット上で
 
「 喧嘩して不仲なの? 」
 
という情報が出てくるのは番組冒頭の
阿川佐和子さんと檀ふみさんとの会話だけを
かいつまんで見た人たちにの
”勘違い”である可能性が高いですね(笑)
 
 

阿川佐和子ってどんな人なの?

 
ここからは阿川佐和子さんの
簡単なプロフィールを紹介しますね。
 
 
阿川佐和子さんは、
1953年生まれの64歳で小説家、
エッセイスト、タレントとなど
非常に幅広い分野で活躍されてます。
 
 
そして慶應義塾大学卒業後は、
”織物職人”を目指して就職せずに
アルバイトで生計を立てていたそうです。
 
 
1981年の”朝のホットライン”で
リポーターを務めてから、
キャスターのキャリアを
どんどん積み重ねて行きます。
 
 
そレから2012年に
エッセイ”聞く力”を出版、
 
同書がトーハン発表の2012年の
年間ベストセラー総合一位に選出されて
一気に注目を集めましたね。
 
 
エッセイの他にも小説を執筆したり、
ドラマ”陸王”に出演したり、
 
横で進行を務めるなど、
多岐にわたって活動されてます。
 
 
 

まとめ

今回は
 
「 阿川佐和子さんと
  檀ふみさんは喧嘩して不仲 」
 
というネット上で出回っている情報に
ついて色々と調べて見ました。
 
 
結果は視聴者の”勘違い”で、
実際に阿川佐和子さんと檀ふみさんは
超仲良しだということが分かりました!!
 
 
それから阿川佐和子さんはいくつもの
ことを同時にこなす”自己管理能力”、
 
日常で観察する事柄を物語やエッセイに
落とし込んでいく”文章力”、
 
ドラマに
女優として出演する”演技力”など、
 
他にも色んな能力を持った
本当に多彩な女性なんですね。
 
 
これだけ女性が頑張っているのだから、
自分もまだまだ負けてられないなと
士気が上がりました!!
 
 
トレンドマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA