確定申告のやり方は?個人事業主が2018年にやるべきことを解説!!

スポンサーリンク



 

f:id:trend_marketter_eno:20180211230431p:plain
トレンドマーケッターENOです。
 
今年もいよいよ”確定申告”
季節がやってきました、、、
 
しかし、
1年に一度の出来事なので、
記憶は曖昧になりますよね(笑)
 
また、2018年に初めて
確定申告を行う人も
いるかと思います。
 
今日は、
 
「 確定申告のやり方は?
  個人事業主が2018年に
  やるべきことを解説!! 」
 
についてお話していきますね。
 

確定申告って何なの?

f:id:trend_marketter_eno:20180211230446p:plain

 

個人事業主であれば絶対に
避けては通れない”確定申告”です。
 
そもそも、”確定申告”って
何のために行うのか知っていますか?
 
改めて言うことでもないですが、
個人の所得には所得税がかかります。
 
そのため、事業主は税務署に対して
 
「 この1年でこれだけ
  所得があったので、
  これだけの”所得税”を払います 」
 
と申し出なければなりません。
 
これが”確定申告”
呼ばれるものなんですね。
 
ちなみに確定申告では、
 
「 毎年1月1日から12月31日までに
  得たすべての所得の金額を計算して
  それに対する所得税を計算    」
 
するわけです。
 
 

2.確定申告が必要な人の条件は?

f:id:trend_marketter_eno:20180211230457p:plain

 

それでは一体どんな人が
確定申告を行う必要があるのか
一緒に確認していきましょう。
 
原則として、
 
「 年間の所得金額から所得控除額を
  差し引いても金額がプラスの場合 」
 
は”確定申告”を行わなければなりません
 
ただし給与等を1カ所から
受けている場合は、
確定申告を行わなくてもよいとされています。
 
ですので多くの
サラリーマンはこれに該当します。
 
つまり、
 
「 会社が年末調整というかたちで
  社員に代わって確定申告を
  行ってくれている      」
 
と考えればわかりやすいですね。
 
ただし、
 
「 年間の給与収入が
  2,000万円を超える人 」
 
は”確定申告”が必要です。
 
また、
 
「 給与所得及び退職所得以外の
  所得があり、その金額が
  20万円を超えている場合  」
 
も確定申告をする必要があります。
 
つまり、
 
給与等を1カ所から受けている場合でも、
 2,000万円を超える給与がある人
 
給与所得以外の投資や副業などで
 20万円を超える所得がある人
 
”確定申告の対象者”
ってことなんですね。
 
 

3.確定申告の期限はいつ?

f:id:trend_marketter_eno:20180211230512p:plain

 

確定申告の期間は、
 
「 毎年2月16日〜3月15日まで 」
 
です。
 
つまり、
2017年(平成29年)の1月1日から
12月31日までの所得を、
 
2018年(平成30年)2月16日(金)から
3月15日(木)までに申告する必要があります
 
万が一、期限を過ぎてしまうと、
”期限後申告”として扱われ、
 
無申告加算税”や”延滞税”が
課せられてしまうかもしれません
 
作業の複雑なので、
どうしても後回しにしがちですが、
申告準備はなるべく早めに始めましょう。
 
 

4.”青色申告”と”白色申告”がある

f:id:trend_marketter_eno:20180211230524p:plain

 

実は個人事業主の確定申告”には、
”白色申告”と”青色申告”の2種類
あるんですね。
 
まず”白色申告”では収支を単純に
計算する”単式簿記”の方法で
帳簿をつければよいことになっています。
 
事前に届出をする必要もなく、
手間が比較的かからない申告方法だと
いえますね。
 
一方の青色申告の場合は、
青色申告承認申請書”を一定の期間内に
 
納税地の所轄税務署長に
提出する必要があります
 
そして”承認を得たい年の3月15日まで”に
手続きを行わなければなりません
 
そして帳簿については
白色申告と同じく単式簿記か、
 
それぞれの項目(勘定科目)に分けて
取引の金額を記録する複式簿記かを
選択することができます。
 
単式簿記よりも手間がかかります。
 
しかし複式簿記を行えば
”65万円の特別控除”を
受けることができるんですね。
 
この特別控除こそが、
青色申告を行う一番のメリット”
だと言えるでしょう。
 
ちなみに複式簿記青色申告
行った場合のメリットは、
 
最高65万円の特別控除
だけではないんですね。
 
赤字を3年間にわたって繰越しできたり、
貸倒引当金の一括処理ができたりと、
ほかにも多くのメリットがあるんです。
 
かつて”白色申告”は
帳簿をつける義務がなく、
 
青色申告に比べて負担がかなり
少なかったのですが、
 
”2014年1月”から白色申告にも
記帳と帳簿保存が義務化されました。
 
単式簿記とはいえ白色申告でも
どうせ記帳しなければならないのなら、
 
”会計ソフト”や”青色申告会の力”を
借りながら、節税効果の高い青色申告
チャレンジしてみるのも良いと思います!!
 
 
 
トレンドマーケッターENOより。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA